1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

怒り沸騰であおり運転の原因になる「敵意帰属バイアス」って何?

急に怒りが沸騰してニュースになるようなあおり運転をしてしまう原因となる「敵意帰属バイアス」についてご紹介します。

更新日: 2019年08月22日

20 お気に入り 22940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■ビックリするような「あおり運転」がニュースになった

宮崎文夫容疑者(43)は8月10日、常磐道であおり運転をして、車を無理やり停止させたうえ、運転していた男性を殴り負傷させた

1月にも名神高速で強引な割り込みをした後、急にスピードを落とし危険な運転をしていた様子がドライブレコーダーに記録されるなど、全国で被害が相次いでいるあおり運転

■たったそれだけのことでよくそこまで怒れると感心する

あおり運転をしたことについて「前を走る(被害者の)車が遅く、妨害されたと感じた」との趣旨の供述をしている

加害者の中で小さな怒りが膨れ上がった結果、感情をコントロールできなくなり、危険な行為に及ぶ

■このような些細なことで怒り狂ってしまう原因になるのが「敵意帰属バイアス」

相手の何気ない言葉や態度にも敵意を感じ取り、時に親切心に基づく言動でさえ勝手に敵意を感じ、敵意を向けてくる相手に対して報復する攻撃的な行動

■捉え方が歪んでいる場合も

認知(ものの考え方、とらえ方)が歪んでいて、相手の敵意を感じやすくなっています(敵意的認知)

人に敵意を向きだしにしてしまう人のなかには、幼い頃の親子関係や対人関係が災いして考え方に偏りがちな傾向があります。

仕事でちょっとアドバイスをしただけなのに、自分を全否定されたかのようにムキになって言い訳したり反発したりする

■相手の態度や言葉をネガティブに判断してしまう

偶然、足を踏まれたにもかかわらず、「わざと踏んだに違いない!」と怒り狂ったりする

■「バイアス」がかかることによって生じる

バイアス(英語: bias)とは、偏り、かさ上げ、または斜めのこと。

バイアスが含まれている可能性を顧慮しないとデータの解釈を見誤る場合があり得る。

社会調査で、回答に偏りを生じさせる要因となるもの。質問文の用語や質問の態度などについていう

1 2