1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◼︎今年7月は梅雨が長引き・・・

この7月は梅雨が長引き、日照時間が少なかった。そのため、今夏は野菜の育ちが悪く、夏野菜の価格が高騰している。

価格が高騰しているのは、ナスやきゅうり、ゴーヤなどの夏野菜で、例年に比べて2~3倍近い価格で販売されていることもある

◼︎根菜に比べて、夏野菜は日照不足の影響を受けやすい

またしばらくくもりや雨が続くんだなあ。7月同様、また日照不足で野菜が高騰するんじゃないだろうか。夏野菜がいまだに高いもんなあ。

野菜高過ぎ! 夏野菜の産地である宮崎 高知あたりが先の大雨でやられて高騰したところに、今度の台風でもう一段階 上がりやがった

キュウリや茄子といった夏野菜は長引いた梅雨、日照不足で高騰してて仕入れは大変らしい。米も今年は厳しいだろうなぁ。

◼︎史上最悪の不漁と話題の・・・

北海道近海の水温が例年より3℃から5℃も高い状態が続いている。これでは、サンマは日本沿岸部には寄り付かない

◼︎22日朝に初の水揚げとなったが

太平洋のサンマ棒受け網漁で22日朝、北海道の根室市に今季初めてサンマが水揚げされました。

1キロ当たりの価格が2000円を超え、2018年の2倍以上の高値

◼︎さらに、悲報なのが・・・

今、スケトウダラの値段が2年間で約1.5倍に跳ね上がっていて、おでんの具財に深刻な影を落としています。

おととし4月には1キロあたり約270円だったすり身が今年6月には約400円まで上昇しています

欧米や中国で健康志向が高まっていることなどから、魚のすり身の消費が増加しているのが背景にある。

◼︎冬のおでんに影響が出る可能性

1 2