考えること、悩むことを、まずはいったん捨てて、外に出て、太陽の下で動くことです。電車に乗って山や海へと行くこともいいでしょう。本を読むことも助けになります。

出典「夜回り先生」水谷修氏 HP閉鎖へ「もう、疲れました。さようなら」ネット心配の声|ニフティニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

いったい何が?夜回り先生水谷修が「疲れた」と言い残しHP閉鎖

夜回り先生こと水谷修氏が突然「疲れた」と言い残しブログを閉鎖すると発表しました。ネットには同様の声が広がっています。

このまとめを見る