1. まとめトップ

真似したい! スープ作家、有賀薫さんのスープが美味しそう(*'▽')

スープ作家という珍しい肩書の名の通り、有賀さんのスープはどれも美味しそうで真似してみたくなります(*'▽')

更新日: 2019年08月23日

8 お気に入り 4325 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

joyride58さん

スープ作家、有賀薫さんとは

1964年生まれ、東京出身。
ライター業のかたわら、家族の朝食に作り始めたスープが2018年5月時点で約2300日以上になる。スープの実験イベント“スープ・ラボ“はじめ、スープをテーマにしたイベントを多数開催。
著書に『365日のめざましスープ』『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』。

有賀薫さんのスープレシピは間違いなかった、シンプルだけど忠実に作るとナンダコレハって呻くレベルのスープになる。美味すぎる。 cakes.mu/posts/25984

おいしそう〜!!このあっついタイミングでさっぱりスープを提案してくれる有賀さん。さすがです すっぱ辛いが心地いい! 夏の体が欲しがる、お手軽サンラータン|有賀薫 @kaorun6 |スープ・レッスン cakes.mu/posts/26555

・有賀薫さんのスープの本 野菜の知らない味の出し方や スープの基礎 知らなかった色々な基礎を学べた!!! 野菜を美味しく食べる為に、切り方、蒸し方、煮方、色々新しい発見が!! 大抵レンジで一発とか手抜き料理メインで見てしまうから、たまにはこういうのも必要。 レベルが上がった✨

見てるだけでも飽きないスープの数々

モロヘイヤと梅干しのスープ。この時季に作る、養生スープ。モロヘイヤの葉をちぎって少しの塩と梅干し入れて、ひたすら水で煮込むだけ。20分以上煮込むとモロヘイヤから濃厚な旨味が出て、トロトロのスープになります。時間はかかるけれど包丁も使わずにできます。夏バテ解消にどうぞ。#スープ365 pic.twitter.com/xGwvl4PXPc

お盆も過ぎて夏の終わりが見えてくると、夏野菜がぐっと深みを増します。トマトもなすもピーマンも、スープにおすすめ。 スープ・カレンダー2019.8月 note.mu/kaorun/n/n2fc1… pic.twitter.com/NA7p9z4vAM

たたきごぼうと小松菜、おあげの味噌汁。軽くたたき潰したごぼうを最初に蒸し煮しておいて、その鍋で小松菜と油揚げの味噌汁を作ります。ごぼうは叩くと断面に味がしみ込みやすく楽しい食感で、青菜だけでは出ない深いうまみが生まれます。だしの煮干しは入れたまま。#スープ365 pic.twitter.com/qNErn5eaJG

レタスと薄切り豚のスープ。しゃぶしゃぶ用の豚を一枚ずつ洗うように茹で、レタス入りの熱々のだしをかけます。昆布だしに顆粒だしをちょこっとプラス、生の赤唐辛子を色と味のアクセントに。豚肉は柔らかく、レタスはシャキッと仕上がりました。#スープ365 pic.twitter.com/D0zEz7HiCx

昨年かなり好評だった、凍らせたトマトのスープ。スープというか、シャーベットに近い。めちゃおいしいのでやってみてください。|残暑の体をひんやり癒す、フローズンスープ|有賀薫 @kaorun6 |スープ・レッスン cakes.mu/posts/22130 pic.twitter.com/Mv3asDPXNu

そういえば、今年ゴーヤまだあんまり食べてないなという人へ。がっつり食べたいゴーヤスープ。|暑いときでもごはんがすすむ、やみつき夏バテ解消スープ!|有賀薫 @kaorun6 |スープ・レッスン cakes.mu/posts/21706 pic.twitter.com/kqtkrSiDoW

焼きとうもろこしの味噌汁。こんがり香ばしい焼きとうもろこしの粒を削いで、味噌汁に入れました。粒がほとんど沈んでしまっていますが、ひとりぶんに約半本、たっぷり入っています。仕上げにバターをちょっと落として風味をプラス。コクとパンチのある味噌汁です。#スープ365 pic.twitter.com/NhWzVMfN9K

ピーマンと甘長とうがらしの焼きスープ。畑で採ってきたピーマンと甘長とうがらしをオリーブオイルでこんがり焼いて、水煮しました。昆布だしを使おうと思っていましたが、野菜の力が強いので塩と醤油だけでスープが成立。ピーマン甘くて無限に食べられます。#スープ365 pic.twitter.com/jjTstwswE9

トマトのおひたしみたいな、まるごとスープです。ひんやり冷やして夏休み!|涼しさ感じる、まるごとトマトの冷製スープ|有賀薫 @kaorun6 |スープ・レッスン cakes.mu/posts/26757 pic.twitter.com/Whie9PLD4q

ゴーヤと豆腐、桜海老のスープ。コロコロ小さく切ったゴーヤと絹ごし豆腐、桜海老で作る和風のスープ。だしは昆布だしを使っています。ゴーヤの苦味をお豆腐が和らげて、優しい味になりました。ゴーヤは買ったときに切って軽く茹でておいて、チャンプルやスープに使いまわし。#スープ365 pic.twitter.com/NjOL2TrN5F

昆布と豆腐のお吸い物。利尻昆布を生かしたスープを、と思って、昆布だしに豆腐を細かい賽の目に切って入れました。味付けは塩とほんの少しの醤油です。だし昆布も小さく切ってトッピング。昆布のうまみをまとった豆腐がサラサラと気持ちよく口に入ってきて、癒されます。#スープ365 pic.twitter.com/0l5jC7zmoI

油麩のスープ。岩手のおいしいお麩をいただきました。そのまま食べてみると油麩にありがちな油っこさがなく、軽やかでふわふわ。カップに入れてかつおだしに塩味をつけたものを注ぐだけで完璧なお吸い物に。麩がおだしをたっぷり吸って、食べ応えも抜群です。#スープ365 pic.twitter.com/vS86hbszdq

毎日毎日同じようなスープに見えるでしょうが、よりそぎ落とすには、より引き立てあう組みあわせは、よりおいしく簡単に食べるにはと、考えながら作っています。ごくたまにいいレシピができるのでおつき合いください。 スープ・カレンダー2019.7月 note.mu/kaorun/n/n3c02… pic.twitter.com/BNIXJHtslB

アボカドと鶏ひき肉のポタージュ。鶏ひき肉でとった簡単チキンブイヨンでアボカドを煮て、ポタージュにします。ひき肉は上げておいて、ポタージュにしてから後入れします。なめらかなポタージュに、ひき肉の食べ応え。満足感の高いスープになりました。#スープ365 pic.twitter.com/Bc2O68BRjP

ベーコン巻きズッキーニのスープ。半割りのズッキーニにベーコンをくるくる巻いて、しっかり焼き目をつけ、水を加えました。味付けは実は塩だけ、スープの色はベーコンの焦げが移ったものです。ドカンと食べ応えのあるおかずスープになりました。#スープ365 pic.twitter.com/NJTagLrmpc

じゃがいものヨーグルトポタージュ。たまねぎ、じゃがいも、塩と水だけで作ったシンプルなじゃがいもスープに、ヨーグルトをトッピング。じゃがいものポタージュって少しもったりするなといつも思っていたのですが、ヨーグルトの軽い酸味がものすごく合います。熱々おいしい!#スープ365 pic.twitter.com/TVQQFC9KgO

トマトと干し椎茸の中華風スープ。スライス干し椎茸をトマトの水煮缶とそのまま煮込んでみました。ちゃんと戻ってだしもしっかり。ごま油ときくらげ、パクチー、しょうがで中華風の雰囲気に。だしも肉も使っていないんですが、思った以上に旨味が濃くて、麺入れたくなってます。#スープ365 pic.twitter.com/lJuEvPuiJq

海老とレモングラス、キャベツのスープ。レモングラスを手に入れました。トムヤムクンほどの材料は揃わないけど、冷凍のむき海老とレモングラス、生姜、キャベツ。塩と水を加えてレンジで4分加熱しただけです。レンジの扉を開けた途端、レモングラスの良い香り!簡単なのに情緒たっぷり。#スープ365 pic.twitter.com/MD2O6Qz7b8

コロコロ焼きねぎと塩豚のスープ。ぶつ切りにしてこんがり焼いた長ねぎを、角切りの塩豚と合わせます。塩豚をゆでたスープももちろん使って。焼きねぎの香ばしさで脂身のついた豚もさっぱり食べられます。 塩豚は肉の重さ3%の塩、砂糖と胡椒もすりこんで3日くらい漬け込みます。 #スープ365 pic.twitter.com/aQYA8fjQEJ

ロメインレタスとベーコンのスープ。鶏ガラでとったチキンスープでレタスを煮ました。肉なしは寂しいなとベーコンを刻んで投入。ロメインレタスは硬くて生食しにくい外葉が結構あって、スープに最適。山ほどのレタスがもりもり食べられます。手羽先×レタスのスープのバリエーションです。#スープ365 pic.twitter.com/50L8n7FBMV

キャロットスープ。オーガニック料理のカリスマ、アリス・ウォータースのレシピで。にんじんとたまねぎを柔らかく煮たら、ヨーグルトをたっぷり加えてポタージュに。バスマティライスをとろみづけに使います。たっぷりハーブも特長で、最初に加えるタイムが効いています。飾りはミント。 #スープ365 pic.twitter.com/Mr6To1reTT

桃のポタージュ。桃をほんのり甘いシロップで煮てミキサーにかけ、コーンスターチでごく軽いとろみをつけたホット・ポタージュ。やさしい甘みと桃の香りに季節を感じます。フルーツは少し火を入れるとうまみが引き立って、生で食べるのとはまた違った魅力が出てきます。 #スープ365 pic.twitter.com/KSpsft9tIi

1 2