1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

naokana135さん

接近注意の危険な場所!

◇ダロル湖(ダロル火山)「エチオピア」

エチオピアにある不気味な湖「ダロル湖」。ダロル火山の周辺ではいくつもの食塩泉や酸性泉が湧きあがり、黄色や緑色の不気味な風景を作り出している。

砂漠、火山、塩湖などエクストリームな景観で構成されています。

泉の水質はph1を下回るほどの強酸性で、夜になると噴火による硫黄の燃焼で青い炎が広がる。

暑さの理由は、海抜マイナス45m~50mに火口がある、世界で最も低いと言われているダロル火山があるから。

硫黄、溶存鉄、泥、塩性の藻類の活動によってこんなにも毒々しい色になっているとのこと。

◇キブ湖「アフリカ」

アフリカ中央部に位置する巨大な湖「キブ湖」。広大な自然に囲まれた美しい湖であるが、この地域で生活する人々は常に死の危険と隣り合わせになっている。

キブ(Kivu)湖は湖底地下にマグマ溜まりがあり、湖水に二酸化炭素を放出している世界に3つしかない「exploding lakes」のひとつ

大量の二酸化炭素放出で周辺の全住民を窒息死に至らしめるプロセス(英語でoverturnという)がいつ起こってもおかしくない危険な状態にあります。

キブ湖(Lake Kivu)の底には、大量のメタンガスと二酸化炭素が眠っており、現在この国では、これらを電力源に活用するプロジェクトが進んでいる。

湖の二酸化炭素とメタンの量は突発的な爆発を起こし得るほど多く危険であり、二酸化炭素が放出されれば、周囲の人々や家畜を窒息させてしまうという。

◇ダナキル砂漠「東アフリカ」

なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。

大地が東西に引っ張られて出来た地球の裂け目「アフリカ大地溝帯」に位置するこの砂漠では、マグマが噴き出す様子を見れる活火山や、地中の鉱物の噴出により出来上がった極彩色の大地、大地の隆起によってできた塩の湖など、多くの奇景を見ることが出来ます。

ダロル火山は、エチオピアのエトラエール山脈の北東、アファール州ダナキル砂漠に位置する火山。爆発により生じた、「マール」と呼ばれるクレーター状の地形。

世界でただひとつ海面より低い場所に火口のある火山
海抜マイナス48メートルのダロル火山は、地球で最も低い地上火山である。

1 2