1. まとめトップ

2019年最新 ジャニーズの圧力と戦うアーティスト達。w-inds.橘慶太のツイートが話題になった訳

ジャニーズの圧力でTV出演がなかなか出来なかった実力派アーティスト達をまとめました!DA PUMP、w-inds.、Lead、三浦大知等、圧倒的なダンススキルと歌唱力を兼ね備えたアーティスト達が、今後もっと活躍出来ますように(о´∀`о)

更新日: 2019年09月19日

2 お気に入り 20044 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

w-inds.の橘慶太がジャニーさんの追悼ツイートした事がネットニュースに多数取り上げられるほど話題に!

素敵なグループを数多く生み出し、僕は沢山の影響を受けました。 ジャニーさんがいらっしゃらなかった 僕は歌って踊る事を始めていなかったかも知れません。 今いるダンスボーカルグループは皆んなそうだと思います。 ジャニー喜多川様のご冥福を心よりお祈り致します。

何故こんなにも話題になったのか?

2001年にデビューしたw-inds.は、「DA PUMP」や三浦大知さんらがいるライジングプロダクション所属。「日本レコード大賞 最優秀新人賞」を受賞するなど、順風満帆なスタートを切った。だが、次第に「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)など人気音楽番組をはじめ、メディア露出が減っていった。

ネット上では、この原因を事務所同士の不仲説と結び付ける声もあがっていた。

特にDA PUMPとw-inds.は、ISSAと橘慶太というルックスが良くて歌と踊りもできる完璧な二人がいるのにも関わらず、明らかに音楽番組やバライティー番組への出演が少なかったことから、当時もかなり話題になっていました。

ジャニーズ事務所に圧力をかけられ、彼らが"Mステ"に出演出来なかったのは有名なので、知っている人も多いのでは(*´Д`*)?
当時人気があったダウンタウン司会の"HEY HEY HEY"に出演していたが、それも圧力によってジャニーズを出演させ、彼らとの共演どころか全く出演させてもらえなくなった。
その後視聴率が下がり、番組が終了したとも言われているとの事。

圧力を受けていたアーティストとは?

イケメンのダンスボーカルユニットがジャニーズに敵対視され、主に圧力を受けることに。
主にTV出演を阻まれていたのは、"ライジングプロダクション"という事務所所属の実力派アーティスト達。

ダンスを踊りながら圧倒的歌唱力で魅せる彼らは、ジャニーズの口パクのパフォーマンスのライバルになると考えられていたとの事。

現在も活躍している「ISSA」と既に脱退してしまった「SHINOBU」,「KEN」,「YUKINARI」の四人で構成されていたグループ。

本格的なダンスと歌唱力で抜群のパフォーマンスを披露。
男性ダンス&ボーカルユニットの時代を創り上げたと言っても過言ではない。

この曲を知らない人はいないんじゃないか!?っていうくらい有名な曲。
当時はケンのラップ部分をモノマネする人が続出するほど世間を賑わせていた!

現在のDA PUMPのイメージといったらコレ!
2018年にリバイバルヒットをかました曲!
大人も子供も含む幅広い世代にバズり、至る所で"いいねダンス"を踊る人が続出!

橘 慶太、千葉 涼平、緒方 龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。
国内のみならずアジア圏を中心に海外でも大活躍。

w-inds.のデビュー曲。
ストリートダンスで膨大なファンを獲得し、デビュー当時からいきなり大人気アーティストに♡

ハイレベルなダンスを踊りこなす彼ら。
Mステで北川景子が大絶賛していたのが記憶に新しい!

あの有名ダンサー、Show-heyが振り付けを担当した事で話題になった曲!
ダンスレベルがプロ顔負けに成長!

出典lead.tv

谷内伸也、古屋敬多、鍵本輝からなるダンスボーカルユニット。終始踊り続ける持久力とシンクロ率の高いキレのあるダンスが魅力の実力派ダンスボーカルユニット。

Leadのデビュー曲。みんな若くして大活躍!
当時はこんなにも少年だったのかと思うとびっくり!

この曲で日本レコード大賞新人賞を受賞。
爽やかなルックスにラップ調の曲がなんともかっこいい(*⁰▿⁰*)

2019年発売の新曲。
ダンスのレベルが高すぎてやばい!
フリ早い!細かい!キレキレ!
TV出演が少ないのが本当にもったいない実力派アーティストだ(*´Д`*)

生年月日:1987年8月24日
身長:175cm
血液型:AB型
趣味:ダンス

'97年 Folderとしてデビュー。
'00年から変声期の為一時活動休止。
'05年3月30日「keep It Goin' On」で活動を再開する、類い稀なる歌唱力とリズム感を持ち、歌って踊れる次世代のエンターテイナーとして日本のみならず、世界のクリエイター・ダンサー達から注目を浴びている。

1 2