1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nokomonokoさん

登山に行くときに用意する物…たくさんありますよね。
初心者の方は特に、ウェアや靴など大掛かりな部分から用意する方も多いかと思います。そんな中、つい準備し忘れてしまいそうなちょっとしたアイテムと言うのもあると思います。
その中でも「これがあるのとないのとでは大違い!」という、便利かつ重要なアイテムをいくつかピックアップしてみました。

☆トイレ用品

簡易トイレ

水がなくても使える、凝固剤入りの簡易トイレです。2重の袋でにおいをシャットアウトするので、登山用に持っていくと安心できます。

登山中、トイレに行きたいときすぐ近くに山小屋や公衆トイレがあるとは限りませんよね。女性は特に持っておくと安心かもしれません。

トイレットペーパー

山のトイレにはトイレットペーパーがないこともありますし、トイレが無い山域では当然そこらで用を足さなきゃなりません。また食事後の鍋の拭き掃除や万が一のビバークにおける焚き火の焚付など、様々な用途に使います。

トイレットペーパーが置かれていないトイレも多いんですね。確かにトイレットペーパーならトイレ用としてだけでなくティッシュの代わりにもできて便利です。

☆特殊素材タオル

パックタオル

1000円台で販売され?いるパックタオル「パーソナル」は綿のタオルよりも70%早く乾くうえ、吸収力も4倍で、べとべとになった後でも即座に乾くので、何度も使用できます。

パックタオルなら濡れてもパンパンと振ればすぐに乾きます。ふつうのタオルだと乾くのも遅いしその分重くなってしまうので、速乾性は大きなポイントですね。

コンパクトタオル

最近買って便利だった、DAISOのコンパクトタオル
キャンディーサイズに圧縮したタオル
軽く水を含ませると小さなお手拭きサイズ~ミニタオルぐらいに膨らむので1~2個カバンに忍ばせてる

使い捨てで考えるならこちらも便利。小分けのお菓子くらいのサイズなのでリュックの中で場所を取りません。サイズもいろいろあるみたいですよ。

☆折り畳み座布団

「別に地べたに座るのは平気」という方も、山では場所によって下地のコンディションが異なります。前日に雨が降れば泥の上、乾いているとは限りません。岩や砂礫が多い場所でも、これが1枚あると安心して休憩できます。地面からの冷えもシャットアウトしてくれますよ。

登山中ずっと歩きっぱなしということはありませんからね。休憩時にできるだけ快適に過ごすことはその後のコンデイションのためにも大切なことです。リュックのサイドポケットに入るくらいのコンパクトなものがたくさんありますよ。

☆GPSアプリ

オフライン利用できるGPSアプリ

電波の届かない場所で使う場合は、事前に地図情報をダウンロードしておくことで、電波の届かない場所でも地図を見ることができます。

登山において自分の居る場所を把握することはとても重要。どんな状況でも正常に利用できるアプリがあると助かりますね。

シェア機能付きGPSアプリ

登山予定日や登山ルートなどの情報をシェア機能で事前に周囲に伝えておくことで万が一の場合もスムーズな対応に繋げることが可能になります。

万が一遭難したりした時に、自分の行動予定を知ってくれている人がいれば、救助の効率はぐんと上がります。緊急時のためだけでなく、普段から登山友達との情報交換を楽しむこともできます。

☆ファーストエイドキット

救急道具

いろいろと考えると荷物が多くなりますが、最低でも用意したいのが三角巾、包帯、絆創膏、テーピングテープ、毛抜きです。その他にも必要だと思うものは入れておきましょう。

怪我に備えるアイテム以外にも、下痢止め薬などの内服薬や、普段から服用している薬があれば予備の分まで入れておくと安心です。

処置専用の水

登山での代表的なケガは、すり傷、足首の捻挫。
そこで傷口を洗うための水(水道水、ミネラルウォーターなど)は、飲料用とは別に用意しておきます。

飲み水の確保には注意がいっても、怪我の処置のための水って案外盲点ですね。登山中はいつでも水を確保できるわけではないので、しっかり用意しておきましょう。

1