出典 sasaoka15さんがアップロード

ウィリアム・ミネルヴァ / ジェイムズ・ラートリー

ウィリアム・ミネルヴァはグレイス=フィールドハウスに本を寄贈する際の偽名。ジェイムズ・ラートリーは本名。ラートリー家は1000年前鬼と『約束』を結んだ一族で、二世界間の調停役として約束を代々受け継いできた。
ジェイムズは第35代当主。しかし、食用児たちに犠牲を強いる理不尽な仕組みに耐えかね、ウィリアム・ミネルヴァという偽名を名乗り、食用児に未来を選ぶきっかけを与えるため、農園に納める本に細工を施し、子供達に安全なシェルターや集落、人間の世界へ渡る為のエレベーターなどを提供しようとした。

この情報が含まれているまとめはこちら

約束のネバーランド キャラ一覧

グレースフィールドハウスは親のいない子供たちが住むところであったが、鬼が管理する食用人間の農園であった。鬼vs子どもたちの命を懸けた脱獄計画が始まる…

このまとめを見る