1. まとめトップ

20代男性必見!安い!社会人の身だしなみアイテムおすすめサイト5選!

新社会人や若手社会人の身だしなみアイテムおすすめサイトをまとめました。スーツ、シャツ、靴、ネクタイ、腕時計の5項目でそれぞれピックアップしています。基準としては20代が手を出しやすい比較的安価なアイテムを紹介しているサイトを選んでいます。

更新日: 2019年08月24日

3 お気に入り 5758 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2banboshiさん

【スーツ】

別名「背広」。近年では「背広」という表現は若年層には使われておらず、死語になりつつある。

身だしなみを整えることはビジネスにおいて重要

自身の第一印象に大きく影響するスーツのシルエット。仕事を円滑に行うためにも相手に与える印象を考えて選んだほうが良いですね。

第一印象を制するものはビジネスを制する。

スーツの色が与える心理効果を海外では重視しています。戦略的なセルフブランディングを行いキャリアを形成しましょう。

ほとんどの女性は「スーツ姿が好き」ということ

スーツが嫌いな女性は少なく、仕事場面のみならず好印象を持たれやすいようです。

【シャツ】

ビジネスで着用されるシャツは、「ワイシャツ」や「カッターシャツ」ですが、呼び方が異なるだけで基本的には同じものです。長野県辺りまでの東日本がワイシャツ、岐阜県から西日本がカッターシャツと呼んでいます。
愛知・大阪・兵庫・福井・富山は、大人がスーツの下に着るのを「ワイシャツ」、学生が学生服の下に着るのは「カッターシャツ」と呼んでいるようです。

スーツを汚れから守るために生まれたのがワイシャツである。

ワイシャツにも明確な役割があるのですね。チョイスもしっかりとしたものを選びたいですね。

シャツは目立たなそうでいて、実はスタイル全体の印象を決定づけてしまうほどの影響力も持っているのです。

スーツ着用時はあまり目立ちませんが、着こなしを大きく左右するアイテムですね。

スーツを着る仕事をしているのであれば、ワイシャツの下には何かしらのインナーを着たほうがいいよね。

元々シャツは下着でしたが、高温多湿で汗をかきやすい日本ではシャツの中にインナーを着用したほうが無難かもしれません。中に切る肌着には注意が必要ですが。

【革靴】

現在は、革靴と呼ばれるものの多くが、ビジネスシューズとして用いられている。元々は中世のゲルマン人が多用していたブーツを、踝(くるぶし)より上をカットした形の履物が現在の革靴(短靴)の原型と言われている。

スーツに「紐のない革靴」を合わせてはいけない――ビジネスファッションの常識・非常識

ビジネスファッションの常識として細かなところまで知っておきたいところです。

シーン別の革靴の選び方

同じ革靴でもシーンによっては微妙に選び方が異なります。社会人のマナーですのでぜひ押さえておきたいですね。

ビジネスシューズ(革靴)のお手入れ方法 ブラッシングとクリームによるケア

長く着用するものになるのでしっかりと手入れして、相手に良い印象を持ってもらいたいものですね。

【ネクタイ】

ネクタイは、首に巻く細い方を小剣、前方に下げる太い方を大剣と言い、それぞれをスモールチップ、ブレードとも表現される。また、英語では通常「タイ」と省略される。
元々のネクタイには、小剣・小剣通し・裏地や芯地が存在しないか薄かったため、一枚の生地を三つ巻きにした作りになっていた。そのため、背広の中で位置がスレやすく、そのズレを防止するためにネクタイピンが生まれた。現在は小剣・小剣通し・裏地や芯地が存在し、背広の中でもズレにくいためネクタイピンが付けられることも少なくなっていった。

ネクタイを締めないとマナー違反?

日本では仕事の際に義務的に着用するくらいですが、世界的に見るとネクタイには様々な歴史があり、着用には多様な意味を含んでいるようですね。

サラリーマンならみんなしているネクタイですが・・・

NAVERでもネクタイの歴史についての記事があり、選ぶ色や模様にもルールがあるようです。

本来スーツは、ネクタイを加えてスーツ。基本的には仕事場でネクタイを外すことはNG

近年はクールビズの影響もあり、ノーネクタイでもよしとされる場合もあります。しかし、まだまだネクタイを必要とする場面は多いので、状況にあった身だしなみを心がけたいものですね。

【腕時計】

元々、腕時計は時刻を示す機能しかなかったが、様々な機能を付加しているものも存在する(「クロノグラフ(ストップウォッチ機能の追加)」「ダイバーズウォッチ(防水性を高めた潜水用の腕時計)」など)。
時刻や時間を知るためつけるのが基本だが、モデルによっては高度な耐候性・耐久性・付加機能の付いた実用品もあり、用途は様々である。ファッション(服飾)アイテム、一種の装身具として用いる人もいる。
近年ではスマートフォンが普及したことで、腕時計を着用しない人が増え、販売数は減少傾向にある。

スマホよりも腕時計の方がお客様の信頼につながる(目上の人など)

見る人やつける人の立場や世代によって、まだまだ腕時計に対する印象や認識が違うようですね

時間を確認するスピードとしてはどうしても腕時計には及びません。

スピードもそうですが、スマートフォンを持ち込みできない場面にも遭遇すると思います。そのような時はあると便利ですね。

時計に限らず、身に着けるもの、持ち物はその人を表します。そして、そういう物は自己満足であるという事と同時に他人からも見られ、あなたという人物を評価されます。

アクセサリーとしてつける人・見る人もおり、身に着けているものはその人の個性を表す、という考え方もあるようですね。

1