1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

tatsubo1208さん

■手頃な値段でお寿司が食べられる回転寿司

家族連れからおひとり様まで、気軽に立ち寄れてリーズナブルに寿司が食べられる回転寿司。

手頃なお値段でお寿司が食べられる回転寿司は、子供から大人まで大人気のグルメですよね!

■回転寿司の発祥の地は東大阪

回転寿司の発祥の地は、実は東大阪。元禄寿司が約60年も前の1958年、「廻る元禄寿司 1号店」を開店したのが始まりだ。

日本には回転寿司のお店がたくさんあり、日本全国にチェーン展開している回転寿司屋さんもたくさんあります。

■一体「原価率」はどうなっているのか・・・

手軽にお寿司を楽しめる回転寿司。原価率はどうなっているのでしょうか。

■基本的に一皿100円とすると80%前後が原価

回転寿司店は原価率が高いのが特徴で、一般的な飲食店では約30%程度の原価率を、10ポイント以上、上回ることが珍しくない

■これだと、原価率の低いメニューが必要になる

ウニやマグロの原価率がこれだけ高いことを考えると、原価率の低いメニューが必要になる。

ツナマヨ、コーン、かっぱ巻き、タマゴなどで、いずれも原価率20%以下だ。

店側としては原価率の低いメニューをなるべくたくさん食べてもらえれば、ウニやマグロなどを食べる客がいても儲かる。

■これに関してもある特徴が・・・

実は原価率の高いメニューと低いメニューを比べると、ある特徴がある

原価率の低いメニューは子どもが好きそうなものが多く、逆に高いメニューは子どもが敬遠しそうなものが多い

1 2