1. まとめトップ

BUMP出身、ロックの産地 千葉県佐倉市の【くさのねフェス】が激熱!

日時:2019年8月31日(Sat)会場:佐倉 草ぶえの丘主催:くさのねフェスティバル実行委員会共催:佐倉市

更新日: 2019年08月27日

1 お気に入り 3311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ssss.Liaさん

【くさのねフェス】とは

2017年9月3日に誕生した、千葉県佐倉市初の大型野外音楽イベント。
佐倉市主催、会場は、草ぶえの丘で開催され、準備期間約3ヶ月という過密スケジュールの中、約1700 人の来場者が草ぶえの丘を訪れ、夏の終わりのひとときを全29 組の出演者、出店数30 店舗の関係者と一体となって過ごす、素晴らしいイベントとなった。
2018年は、有志による実行委員会に運営が移り、規模も拡大して3ステージに42組の出演者が登場。チケット有料化、そしてあいにくの雨模様にもかかわらず、約1500人の来場者が訪れた。
地元や企業から熱い支援もあり、2019年も規模を拡大して開催が決定した。

■クラウドファンディングにて目標金額達成

■出場アーティスト

2004年4月7日に発売された「青いベンチ」はTOTAL30万枚の大ヒット(Oriconシングルチャート最高位8位)となり、その後発売した1stアルバム【smile】も45万枚の大ヒットとなった。その後2009年4月、Shibuya O-EASTで行われたライブで惜しまれながらも解散。二人はそれぞれの道を歩み始め「青いベンチ」の大ヒットから10周年を迎え再結成をした。

2006年、avex traxからシングル「汚れた下着」でメジャー・デビュー。ドラマ『私が私であるために』出演記念盤として『友達の詩』を1万枚限定500円で発売。AAAのシングル『チューインガム』に楽曲提供し、同曲のプロモーションビデオにも出演する。第58回NHK紅白歌合戦に戸籍に記載された性別が男性であるソロシンガーとして紅白史上初めて、紅組で出場する。 2010年、ヤマハミュージックコミュニケーションズに移籍。移籍第1弾となる4thアルバム『少年少女』で第52回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。 2014年、テイチクエンタテインメントに移籍。

2003年、ブローウィンド・レコードより1stミニアルバム「影と煙草と僕と青」をリリース。その後、急激にライブ動員が増え続け、口コミで話題が広がる。2004年、メジャー第一弾となるシングル「白い声」をリリース。各方面での高い評価と熱い応援で話題となる。「ROCK IN JAPAN FES」「COUNTDOWN JAPAN」等に出演。2019年10月より、20周年を記念した20本のツアー20th Anniversary final stage「ALL TIME SUPER TOUR」を開催。

渡井(Vo.)と白井(Ba.)が高校時代、同級生と共に前身バンドを結成。その後、同じ高校の後輩であった齋木(Gt.)と、近くの高校に通い、同じスタジオで出会った一つ年上の片山(Drum.)が加入し、現在のHalo at 四畳半が結成される。2014年、Sound Stream sakuraの14周年のイベントと「SAVE OUR SATELLITE」裏ファイナルをかけて企画した「佐倉に咲くLOVE」を開催。2015年、全国流通盤1stMiniAlbum「APOGEE」、SPACE SHOWER MUSICよりリリース。2018年秋に日本コロムビア/TRIADよりメジャーデビューを果たす。

千葉県成田市で、冨塚大地と白澤直人を中心メンバーとして結成。鍔本隼が加入し、活動開始。2013年飯村昇平が加入、ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK 2013」のオーディションを通過。テイチクエンタテインメント内のレーベルImperial Recordsより2019年6月5日 アルバム「FOREVER YOUNG」をリリースしメジャーデビュー。

■主催者の想い

■参加者の反応

みて!! この愛おしすぎるバックプリントと、 手書きの可愛い文字❤️ 好き!!!! 高まってきた!!! #くさのねフェス2019 pic.twitter.com/XJph7gaQiy

くさのねフェス2019 いよいよ開催まで10日を 切りました!!✨✨ なんかもぅ、すげえ楽しみ(^^) それに尽きる!!!✨ 皆で、史上最強の日に しましょう #くさのねフェス2019

Halo at 四畳半のアルバムジャケット撮影された草ぶえの丘で3回目となる「くさのねフェス」が開催されます。 Halo at 四畳半も出ます。 BUMPの聖地おおいわにもポスター掲示されてるし昨年はメッセージも届きました。 ギャンパレのユアさんとか音楽好きの人来てくれないかなぁ。 #くさのねフェス2019 pic.twitter.com/W9s67JlwoF

■地元の後援・協力企業が本格的

2018年のフェス開催の様子を実行委員会スタッフから出演者、お客さんの声までしっかり伝えている。

1 2