1. まとめトップ

漫画「薬屋のひとりごと」どっちがおすすめ?違いと感想まとめ【ネットで話題!】

次にくるマンガ大賞コミックス部門1位に輝いた「薬屋のひとりごと」がネットで話題!ビックガンガン版とサンデーGX版、どっちを読めばいい?違いや感想などまとめました!花街で薬師をする猫猫がひょんな事から後宮入り!美貌の宦官・壬氏(じんし)に目をつけられ、宮中を揺るがす大事件に巻き込まれていく!

更新日: 2020年03月19日

6 お気に入り 123641 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「薬屋のひとりごと」あらすじ

中国を思わせる架空の帝国を舞台に、後宮に勤める官女が王宮内に巻き起こる事件の謎を薬学の専門知識で解くミステリー、ファンタジー、ラブコメである。

猫猫は医師である養父を手伝って薬師として花街で働く少女だったが、人攫いによって後宮に下女として売られてしまう。年季が明けるまで目立たぬように勤めるつもりだったが、皇子の衰弱事件の謎を解いてしまったことから美形の宦官である壬氏の目に留まり、様々な事件の解決を手伝わされることとなる。やがて発生した寵姫の失踪事件は、猫猫を巻き込み国家転覆計画に広がっていく。そして明らかになる壬氏の正体。二人の関係は微妙に変化していく。

アマゾンで薬屋のひとりごと単行本がミステリーマンが売れ筋のTOP1~5位にそそそーっと入ってるーって教えてもらった! 近日発売の原作8巻にもベストセラーって出てる! pic.twitter.com/jZ6dn9vOSQ

ネットの反応・感想

薬屋のひとりごと、猫猫(マオマオ)ちゃん可愛すぎてマオマオしたい pic.twitter.com/X0Li2KP6zU

薬屋のひとりごと買っちまった…主人公:猫猫がクレイジーだけどカッコ可愛くて惚れるわ pic.twitter.com/H4ICF6tmsn

薬屋のひとりごとは2巻で本性出てきて更に面白くなった。 宮中で巻き起こる難題を時に知恵を使って、時に力業で解決してく爽快感。 毒食って惚けたりドスの利いた表情で脅したり猫猫の主人公らしからぬマッドサイエンティストっぷりがクセになります。 pic.twitter.com/Z70rETElSt

薬屋のひとりごと、4話まで漫画で見たけど面白い~!それにしても絵が綺麗(*_*)特に女の人の体の線が好き壬氏さまイケメン んで一発目に作る薬が媚薬とはね pic.twitter.com/BpcZL4A71r

ちょっと出遅れた感やばいけど、薬屋のひとりごとの壬氏様めっちゃすこです おすすめだよ pic.twitter.com/JUCyeWbOeT

薬屋のひとりごと話もクソ面白いし西壁ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドストライクの男いるからみんな読んで pic.twitter.com/OfNunTy4be

薬屋のひとりごと、巨乳美人もいっぱい出てくる上に舞台は中国の王宮やったり花街やったりでオタク心に刺さるものがあるし、コミカライズされて読みやすくなったから是非読んで……絵も綺麗だしミステリー的な感じで話が進んでいくから黒執事好きな人は好きだと思う pic.twitter.com/FtikRs1mpQ

最近Twitterの広告で流れてきた漫画買うマシーンと化しているワイ 薬屋のひとりごとを購入してご満悦 面白いわこれ pic.twitter.com/QmrhSvog2B

こういう「夢中になると周囲が見えなくなる」系主人公すき(日向夏/ねこクラゲ「薬屋のひとりごと」) pic.twitter.com/YcQOjE2GOE

✔「マンガ大賞2019」コミックス部門1位を獲得!!

#次にくるマンガ大賞 コミックス部門で『薬屋のひとりごと』が1位を頂きました✨スクショですみません…! 本当にありがとうございましたヽ(;▽;)ノ pic.twitter.com/H3Q6gHGCfn

※ビッグガンガン版コミカライズ作画担当/ねこクラゲ先生

コミカライズ版薬屋のひとりごと、次にくるマンガ大賞1位、本当にありがとうございました!口頭では魅力が伝えきれませんでしたが、是非、お手にとって楽しんでいただければと思います! #次にくるマンガ大賞2019 pic.twitter.com/z0PUxjiegH

※構成担当/七緒一樹先生

えっ、薬屋のひとりごとって、あの中華ぽい世界の大奥ぽい場所で薬屋の女の子がいろいろ解決しちゃうあの小説じゃないの…! トレンド入りしたの漫画の方みたいだけど、嬉しい

次にくるマンガ大賞2019、コミックス部門1位の「薬屋のひとりごと」は妹にすすめられて読んでたけどすごく面白いです。

次にくるマンガ大賞2019に薬屋のひとりごとが選ばれたってまじか。 朝起きたらトレンド入ってて何事!?って思ったら… ほんとに面白いし猫猫と玉葉妃可愛いから読んでほしい。 pic.twitter.com/ssEOgQHudH

原作はなろう小説、単行本(ラノベ)は「ヒーロー文庫」より刊行中

ビッグガンガン版『薬屋のひとりごと』が次にくるマンガ大賞のコミックス部門一位になったのでせっかくだから便乗して原作小説置いとくね。 なろう版はこちら。 ncode.syosetu.com/n9636x/ 加筆修正した文庫版は気が向いたら買ってね。 herobunko.com/category/books…

ヒーローさんで出る前に、レイブックスさんででていたのですよ。よく間違えられるのは、違う出版社からと言われますが、レーベルは違えど同じ主婦の友社さんでござい。 松田さんの表紙は、マミーが大変気に入っていたなあ。

実は原作小説も2社から発売されている。
レイブックス版は1巻しか発売されておらず、続刊の発売予定もありません。
なので、おすすめはヒーロー文庫版です。

あのな、薬屋のひとりごとがな、マンガ版のやつ賞もらってるのは超嬉しんだけどな、アニメ化する場合は小説版しのとうこ先生の絵がくそ綺麗なので、そっち寄りのキャラデザでお願いしたいです pic.twitter.com/k3pkdWx0VW

備忘録 薬屋のひとりごとっていう小説がめっちゃ面白かったです 文字ぎゅうぎゅう罪 pic.twitter.com/Ze49vLTFDV

次のページでは漫画2種類を詳しく解説(→

1 2