1. まとめトップ

マジかよ…小学生のアダルトサイト閲覧被害が止まらない

国民生活センターの調査により子供、特に小学生のインターネットトラブルが多いことがわかった。アダルトサイト閲覧やスマホゲームでの課金、出会い系サイトでのアルバイトなどJCJSだから無関係でない様々な問題が浮かび上がってきました。

更新日: 2019年08月26日

2 お気に入り 7954 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ネットリテラシーが問題になっています。

nyokikeさん

▼小学生男子だけじゃなく女子のアダルトサイト閲覧被害が多いことが明らかに

SNSなどをきっかけに子どものネットトラブルが増えているが、オンラインゲームとともにアダルト情報サイトや出会い系サイトをめぐる被害相談が上位を占めていることが、小中高生を対象にした国民生活センターの調査でわかった。

特に、アダルト情報サイトを見て高額な料金を請求されるなどの被害が、小学生の男子ばかりか女子でも上位1~2位を占めている。

調査は、国民生活センターが2019年8月8日に発表した「家族で防ごう! 子どものネットトラブル」だ。全国の消費生活センターに寄せられた小学生、中学生、高校生の本人や親からの相談事例をまとめた。

「親に内緒で、オンラインゲームで高額な課金をしてしまった」「無料のはずのアダルトサイトを見ていたら、高額のカネを請求された」「出会い系サイトで女性と知り合ったが、相手はサクラだった」などの相談例が多い。

▼SNSやHPの広告バナーをタップして…身近になりすぎているこんな被害

塾に通う時のために持たせ、主に家族間の連絡用に使っていた。どんなサイトを見ているのか気になってのぞいてみたが、まさか子どもがアダルトサイトを見ているとは、予想も覚悟もしていなかった。「まさか、まだ小学生なのに」。ショックのあまり、翌日は会社を休んだ。

女性は、動画サイトに関連作品が自動的に表示できる機能を知らず、フィルタリングもかけていなかった。「性に関する正しい知識のない子が、簡単にゆがんだ情報に触れられてしまう怖さを知った。興味があるのは自然なことだが、創作上の表現と現実は全然違うことや、必要な情報にどう触れるかは、家族でよく考えたい」と話す。

今年5月、中国地方の10代の男の子が親のスマホを使っていて、誤ってアダルトサイトに入ってしまった。突然画面に「登録完了」と表示され、利用料金45万円を請求された。慌てた母親から「料金を支払わなければならないのか」という相談が国民生活センターに寄せられた。

――出会い系サイトで女性と知り合い、ポイントを購入してやり取りを続け、実際に会うことになった。しかし、ポイントを消費させられるだけで、結局、会えなかった。ネットで調べると、女性はサクラで有名だとわかった。合計3万2000円のポイントを購入したのに、騙されたと思うと悔しい――

――スマートフォンでアルバイトを検索中に「メール相談にのれば高額収入が得られる」と書かれたサイトを見つけて登録した。登録は無料だが、知り合った男性とやり取りを続けるにはポイント購入が必要だった。男性との相談が長引き、メールを続けるにはさらにポイント購入が必要となり、サイト運営事業の口座に計4万円を振り込んだ。しかし、アルバイト料は入らなかった。サイト運営事業者の電話番号や住所は不明だ。返金してほしいが、自分の電話番号や名前を知られていることも不安だ――

小中高生全体で一番多いのは「オンラインゲーム」のトラブルだ。親の知らないところで、オンラインゲームで高額の課金をして、子どもが無断で親のクレジットカードで支払い、あとで親が気づくケースに代表される。子どもも親も、ゲームが無料だと思っており、課金に気づかないケースが非常に多い。

▼警視庁では現在サイバー補導をしており、子供のネット利用に関してこんな傾向を発表しています

警視庁では2013年より、インターネットの書き込みをパトロールして、危ない書き込みをしている子どもに直接会って注意を与えるサイバー補導を実施しています。
なぜなら、中学生・高校生にスマートフォンが普及するにつれて、安易なアルバイト感覚で援助交際や下着売買を求める書き込みをして、被害にあう子どもが増えているからです。

SNSで複数のアカウントを目的によって使い分けているか尋ねた結果、中学男女および高校男子では分けずに1つのアカウントを使っている子が半分以上ですが、高校女子とサイバー補導女子はアカウントを分けている子の方が多いです。

SNSでの友達登録の経験を尋ねたところ、「申請されたことはない」「許可したことはない」と答えた子は少ないです。
同級生や先輩など現実社会で友達である人の友達登録では差がありませんが、それ以外の相手ではサイバー補導女子の方が登録したことのある子の割合が高く、「ネットで気のあった人」「まったく知らない人」では差が大きくなっています。
しかし、中学女子・高校女子でも「ネットで気のあった人」を2割以上、「まったく知らない人」を1割以上、友達登録した経験があり、心配な状況です。

いわゆる自画撮り写真の撮影経験は、中学男子では半数くらいしかありませんが、高校女子では9割以上が撮影経験があります。
撮影した写真は様々な使い方をしていますが、高校女子とサイバー補導女子はSNSへの投稿をしている子が多いです。SNSでは不特定多数の多くの人に写真を見られる可能性があり、それがきっかけで被害にあうことも多くあります。

▼小学生だからって油断大敵…Twitterからは様々な声が聞かれました

女子小学生がアダルトサイトとか... すごい時代になりましたね(-。-; #アダルトサイト #出会い系サイト ◾️ええっ、アダルトサイトを見る女子小学生がこんなに多い?! 調査で判明した意外な理由 | 2019/8/25 - J-CASTニュース this.kiji.is/53815040482564…

自分達が小学生時代の時よりもアダルトサイトって近くにある気がするのは気のせい?

ネットサーフィンしてたらアダルト系の情報って嫌でも目に入るし、これなんだろうって興味持っちゃうのが普通だよね。ニュースサイトの育乳広告とかも悪質だと思う。 ええっ、アダルトサイトを見る女子小学生がこんなに多い?! 調査で判明した意外な理由 #SmartNews j-cast.com/kaisha/2019/08…

小学生がアダルトサイトやソシャゲで高額請求の被害に って、当たり前だろうが、何のリテラシー教育もしてねぇ段階でスマホ親が買い与えてんだから

追っかけてきたり幽霊みたいにいきなり出てくるバナーが悪いよね。規制すべきだわ news.nicovideo.jp/watch/nw5841430

詐欺に引っかからないようにしていれば何も問題は無いと思う。エロを隠しても意味ないだろ。 あと、詐欺業者に金払ってしまった奴ら… ええっ、アダルトサイトを見る女子小学生がこんなに多い?! 調査で判明した意外な… #niconews news.nicovideo.jp/watch/nw584143…

今ふとタイムラインに流れていった、小学生とアダルトサイトとの付き合い方的なサムシングを見て思ったんだけれども 子供の頃からの情操教育の一貫として、性教育に関してはもっと大っぴらに、親御さんが積極的にやった方がいいよ 何がノーマルで何がアブノーマルで、何が危険で何がそうでないのか↓

1 2