1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

過去にも死亡事故が…富士山は「落石リスク」の高い山だった

怖い…。ヘルメットの着用など、登山を行う際には万全の準備をしましょう。

更新日: 2019年08月26日

2 お気に入り 22746 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■富士山で「落石」による死亡事故が発生

富士山の山梨県側の山頂付近の登山ルートで26日朝、落石により女性が死亡する事故が発生した。

■詳細

警察によると、同日午前7時ごろ、山梨県の富士山5合目管理組合センターに「救急車をお願いします」と119番通報があった。

通報を受け、6合目に常駐している医師が富士山吉田口登山道の山頂付近に向かったところ、20代の女性が倒れているのを発見。

山梨県側の富士吉田口から数人で登山をしている最中、頭部に落石が直撃したとみられている。

■警察などは事故原因を調査中

吉田口登山道では、昨年秋の台風によって頂上近くの石積みが崩落し、現在はネットで覆った仮復旧の状態となっていた。

事故を受け、警察や山梨県は8.5合目の御来光館~山頂までを通行止めにし、落石の場所や原因を調べている。

富士山の落石事故 どんな大きさの岩が落ちてきたのかね

え…富士山で落石あって亡くなった人いたの? 昨日バイト一緒の方で明日(今日)富士山登るって言ってたけど…大丈夫なんだろうか……

■多くの登山客が訪れる富士山

標高3,776mと日本一の高さを誇り、2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として、世界文化遺産に登録された富士山。

2018年の開山期間(7月1日~9月10日)に8合目を通過した登山者は、約20万8千人に上る。

■実は「落石が発生しやすい山」でもある

地層が脆弱

富士山は噴火のたびに火山礫、火山灰、溶岩が幾重にも重なってできた成層火山のため地層は脆弱であり、落石の危険は常に存在。

また、5合目より上では樹木が無い斜面が延々と広がっているため、一旦転がると、大抵は何百m~数kmも転がりつづける。

■落石の威力

10cm程度の石でも命の危険

1 2