ロスキレ大聖堂(デンマーク語: Roskilde Domkirke)は、デンマークのシェラン島、コペンハーゲン近郊ロスキレ市の中央にあるゴシック様式の大聖堂である。北ヨーロッパの「煉瓦ゴシック様式」の典型である。
ロスキレ大聖堂は12世紀から13世紀の建築でロマネスク様式とゴシック様式の折衷で、シェラン島に現存する唯一の大聖堂である。
この大聖堂は15世紀からデンマークの代々の君主が葬られてきたことで有名である。1536年の宗教改革後は「シェラン島司教座」となっている。
1995年にユネスコの世界遺産に登録された。

出典ロスキレ大聖堂 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

行ってみたくなる!デンマークの世界遺産まとめ

広大な自然遺産から宗教遺産まで点在し、ヴァイキングとして有名なノルマン人たちが発展させていった国、デンマーク!漫画『ヴィンランド・サガ』の主な舞台にもなっている国です。今回はそんなデンマークの世界遺産をまとめてみました。

このまとめを見る