1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

▼知っておきたい。夏アイテムの使用期限と余った時の処分方法とは?

■「日焼け止め」の使用期限を知ってます?

無添加の日焼け止めは、使用期限が短いイメージがありますよね。無添加の場合は未開封で1年、開封済みなら6ヵ月です。

・余った「日焼け止め」の活用術は?

使用期限が過ぎた日焼け止めは洗浄剤として再利用する

クリームやミルク、オイル系の日焼け止めは、シルバーなどの金属製品を磨くとサビやくすみが取れてピカピカになります

吸盤を使っていると、ある時を境に落ちやすくなることってありますよね

強度が弱くなってしまった吸盤を日焼け止めを含んだティッシュで拭けば強度が復活してくっついてくれますよ。

■花火の使用期限を知ってます?

基本的に期限はありませんが、業界基準として10年間を使用期限として設定しています。

長持ちする保管方法は?「ビニールの袋に入れっぱなしにしたときの湿気が、一番良くないですよね。なので、例えば袋の中に乾燥剤を入れるなどして、海苔みたいに乾燥を保つといいでしょう

・余った花火の処分方法とは?

水を. たっぷり入れたバケツに 1 日以上浸した後に、少量ずつごみ袋に入れ. 可燃ごみとして捨ててください

全般の処分法として、水に一日浸けましょうとか、さらに濡れた新聞紙などでくるみましょう、などとアナウンスしてることが多い

■蚊取り線香の使用期限を知ってますか?

使用期限は設けておりませんが、未開封で低温で湿気の少ない所に保存していただければ5年は使用いただけます。

効果が低下することはありませんが、大部分が天然植物原料から構成されているので、なるべく早めにお使い下さい。

・余った蚊取り線香の処分方法とは?

1 2