土を掻き分けてきたのか、その右手には泥まみれのハンドスコップが握られていました。
「おーい、みつけたぞ!」
救助隊の人々はその両腕を掴んで必死になって、後輩君を引きずり出したのでした。

両腕の痣はそのときに付いたものだったのです。

「それじゃ、他のみんなは?」
「残念だが・・・助かったのは君だけなんだ」

あとから聞いた話では、土砂を懸命に掻き分けたのか、先輩たちの両手の指先はぼろぼろに潰れていたそうです。
彼は霊感おばあちゃんに改めて礼を言うとともに、心から先輩たちの冥福を祈ったのでした。

出典二股の道

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話まとめ(77)

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話をまとめました。

このまとめを見る