夜中に課題やってた時の話。
当時は弟と同じ部屋で寝てて、その日は明日までに終わらさなきゃいけないレポートがあったから、部屋の電気付けて勉強してた。
弟は「明るくて寝れない」ってキレてたけど、30分くらいにはもういびきが聞こえてた。
1時くらいだったと思う。
カーテンを閉めた窓からドン!ドン!と窓を叩く音が聞こえた。俺は「幽霊か!?」って思ったけど、課題もまだ終わらないし怖かったから、風の音だと自分に言い聞かせた。

そうしたらまたドン!ドン!という音。ビビりな俺はとりあえず気を紛らわせようとB'zの曲を流した。それ以降その音はしなくなったから、普通に課題をやってた。
そして3時20分に終わった。B'zの曲もいつの間にか終わってた。
「幽霊(?)もいなくなったし課題終わったし、B'zのおかげだー!万歳!」と少し大きい独り言を言いながら何気なく窓のほうを見たら、
カーテンの隙間から赤っぽい何かが見えた。一瞬で血の気が引いた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話まとめ(80)

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話をまとめました。

このまとめを見る