1. まとめトップ
  2. 雑学

インドネシア新首都認定のカリマンタン東部を詳しく解説します

首都の移転先にカリマンタン島東カリマンタン州の東部が選ばれましたので、詳しく解説します。

更新日: 2019年08月27日

4 お気に入り 4742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

homeearthさん

大統領は26日、首都の移転先について、カリマンタン島(Kalimantan Island、別名:ボルネオ島、Borneo Island)の東端を選んだと発表した。

東カリマンタン州

面積はパプア州についでインドネシアの州で二番目に大きい。

主要産業

東カリマンタン州経済は、石油、天然ガス、石炭、金などの天然資源に頼っている。

バリクパパンには、第二次世界大戦以前にオランダが建設した石油精製工場がある。

そのほかの産業は、農業と観光業である。

インフラは

観光スポット

この州はインドネシアにおける最も古いヒンドゥー王国クタイ王国があったことで知られている。

カリマンタン南部のバンジャルマシンからマルタプラを経て、チュンパカという所にインドネシア唯一のダイヤモンド鉱山があります。

パンパン村はサマリンダより25kmに位置するダヤック族の村。部族の生活や習慣を見る事が出来る。

マハカム川はカリマンタン島で最も長い全長980kmに及ぶ川。下流では川幅500mを越える。

バリックパパンからサマリンダ迄の105キロの道を「死のサマリンダ街道」と呼ばれている。 1945年6月、バリックパパンに逆上陸してきた連合軍(主として豪州軍)を迎えて、戦力に劣る日本軍はサマリンダへ敗走、この街道だけで数千人が戦病死している。

この州の問題は

州の抱える大きな問題は違法伐採である。

名物料理

サマリンダ料理・名物はナシクニン。サマリンダは意外に食の宝庫、本編では「ナシクニン」とします。

画像はナシゴレンです

1 2