1. まとめトップ

イライなんてしたくない!怒りをうまく解消する 1日10秒の方法

日常生活でどうしても直面する怒りの感情。特に女性は、生理前や排卵期などがあり、自分自身の感情だけではイライラした気持ちをコントロールするのが難しかったりします。そこで今回は、上手く怒りの感情と向き合っていく方法をまとめました。

更新日: 2019年09月10日

7 お気に入り 1129 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PALETTEv2さん

日常生活でどうしても起きてしまうイライラする怒りの感情。喜怒哀楽は、人間にとって必要な感情ではありますが、コントロールできないと、周囲に疎まれてしまうのもまた事実。怒りの感情を負と捉えずに、うまく付き合っていってあげたいですよね。アンガーマネジメントをしっかり取れるようになると、ストレスと上手付き合えるようになり、余計な体力を使う必要もなくなります。そこで今回は、自身の怒りの感情と上手く付き合い、イライラを収める方法をまとめてました。

どうしてイライラしちゃうんだろう、、、

現代社会、普通に生活しているのに、どうしてもイライラが止まらない時ってありますよね。願わくば、イライラなんてしないで平穏に暮らしていきたいのに、、、

すぐにイライラを鎮めたいならこれ!

① 意識して深呼吸をする

多くの場合、怒りの感情が出てくるときは、呼吸が荒れています。また止まっている状態です。深い、静かな呼吸を意識してとり、怒りをコントロールしていきます。

② 心の中で6秒カウント

6秒間を過ぎれば、怒りそのものの感情はなくなると言われています。ですから6からでも1からでもいいので、数を無言で数えながら、怒りをコントロールしてください。

③ 怒りを鎮めるツボを押す

指の第二関節と第三関節の間を押すこと。これをとても特殊な方法に思う人もいるかもしれません。でも、心理学者のSharon Melnickの『Success Under Stress』によると、効果が期待できることのようです。

意識して呼吸を深く数回行ってみると、自然と気持ちが落ち着いてくるはずです。

けどイライラする癖は消えない、、、そこで1日10秒実践

日常的にイライラしにくい自分になれたら、無駄なストレスを貯めることなく、もっといきやすくなるはず。根本的に解決するにはどうしたらよいのでしょうか。

マインドフルネスを身につけて、自分の感情をコントロールすることができるように

ちょっとしたイライラから、ぶちギレまで!
怒りで失敗した人、怒りに悩む人、必読の1冊

マインドフルネス瞑想は、難しくありません。
1日、たった10秒でできます。

本書では、「なぜ怒りの感情はくすぶり続けるのか」など怒りのメカニズム・仕組みや、
自分や他人の怒りの実践的な対処法を紹介しています。
ストレス過多の毎日にあっても、負担も障害も少なく、始められます。
時間はたったの10秒!

マインドフルネスをもっと知りたい人はこちらもチェック

・イライラしてもすぐに冷静に物事に対処できた
・動揺しても次の瞬間にはやるべきことに集中できた
・身体や心の疲労を感じにくくなった
・嫌なことにも前向きに取り組めるようになった
・不安や怒りの感情がふっと消えた

たった3つの手順で、どこでもマインドフルネスになれる!
1日10秒のマインドフルネスで、思考も感情も思いのままに変えられる!

もっと深くマインドフルネスを学びたくなったらこちら

◎マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実に、客観的にありのままに気付いていること―――です。

マインドフルネスの真髄は、『瞑想をすること』が第一義ではありません。
「気付き」こそもっとも重要なのであって、この本では、日常取り組めるあらゆる場面での実践を入れています。

紹介した本はこちらから購入可能です

1 2