1. まとめトップ
  2. 雑学

そうなんだ…。社用車の「私的使用」はしない方がいい理由

会社の車である社用車は私的に使用しない方がいいみたいです。

更新日: 2019年08月27日

10 お気に入り 25171 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■社用車(営業車・バンなどの言い方も)

社用車(しゃようしゃ)は、会社組織で利用する車である。通常は自動車

会社の業務用途に使用される自動車の総称。会社が購入・所有する場合が多い。

「商品を含めた荷物を多く積み込むタイプ」や「社員が移動するだけのクルマ」、「長距離移動するクルマ」、「送迎用のクルマ」 など、自家用車と違って使用用途に応じて最適な車種を選ぶことが重要

■このような会社の車を私的に利用してしまう…ということも

上司はプライベートで野球のチームに入っていますが、その練習のため、休日にその車で隣の県まで乗って行きました。

中小企業に勤めておりますが会社名義で購入した車があります。その車を事務員が購入時からマイカーのように乗っています。

社用車を私的に通勤や休みに使っている人がいます。これって業務上横領の犯罪じゃないですか。

■しかし、許可をもらっているケースを除き、私的使用はやめた方がいい

まず、就業規則で私的使用が禁止されているか否かで、話は変わってくる。禁止されている場合は、明らかに就業規則違反になる

会社の資産を私的に使って会社に損害を与えたということになり、法律的には業務上横領ということになる。

仮に私的利用分のガソリン代を自腹で払っていたとしても、刑法上、業務上横領の罪に問われる可能性が

■会社側にも責任が生じる

会社は、社用車が私的に利用されていないかどうかについて、厳格に管理する必要があります。というのも、従業員が社用車を私的に利用している最中に事故を起こした場合、会社が責任追及される可能性があるから

「運行供用者責任」も、仕事中の事故である場合に限定されず、会社が責任を負う可能性があります。

会社は、自社の社用車の運行状況を管理する義務があり、それを怠っているということになってしまう。そうなると、管理する担当者の責任問題も生じてしまうので、余計に厄介

■事故などを考えると、「私的使用」は会社側は非常にリスキーといえる

社員が会社の保有する自動車を無断で私用運転していた時に起きた事故であっても、多くの場合、会社は運行供用者責任が問われる

業務中に会社の自動車で交通事故を起こした場合、従業員に事故の原因があっ たとしても、『使用者責任』がある会社は、相手方への賠償を免れることは困難

被害者に対して速やかな補償を行えるように、会社の保険を使用する形になることが一般的です。

■以上のような関係があるので「社用車の取り扱い」には十分気を付けて欲しい

社用車は私的に使用したら犯罪です。 何かあった時のデメリットが大き過ぎますよね。 会社の資産を私的に使って会社に損害を与えたということになり、法律的には業務上横領ということになるそうです。 「みんなやってる」は言い訳にならない! 社用車の私的利用が危険な理由 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-…

「みんなやってる」は言い訳にならない! 社用車の私的利用が危険な理由 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-… 社名入りの車で危険運転している奴には笑える。毎回通報しているわ。。。

「みんなやってる」は言い訳にならない! 社用車の私的利用が危険な理由(MOTA) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-… 昔はGPSもなかったから、好き放題できたけど、リーマン辺りからはGPS機能が向上して、事実上オンライン監視されてるからね。

1 2