1. まとめトップ
  2. おもしろ

胸に響く・・。Twitter発・「結婚する上で大切なこと」が真理・・!

これから結婚する人ももう結婚している人も参考になる。結婚生活に必要な◯◯が真理すぎ・・・!

更新日: 2019年09月14日

124 お気に入り 85084 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

結婚する上で一番重要なものって

結婚する上で一番重要なものって 正直『許せるかどうか』だと思ってる うちの嫁は可愛いからポンコツやらかしても『まぁ、可愛いから許す』って思えるから結局大きな喧嘩にはならない 少し前に嫁も同じような事を言ってた 近いからこそ必ず起こる喧嘩 これを許すってのは 一番難しくて多分一番重要

「父さん、結婚したい人がいるんだ」

「父さん、結婚したい人がいるんだ」 「俺に謝れ」 「え?」 「いいから謝れ」 「どうして?何かした?」 「謝れと言っている」 「だからなぜ?」 「早く謝れ」 「ああもう、わかったよ!ごめんなさい。理由はともかく、ぼくが悪かった!」 「よし!今のお前なら結婚生活で一番大切なことができる」

争いの火種だと思ってるので

「晩ごはん何がいい?」って質問は争いの火種だと思ってるので、旦那に聞くときは 「お腹は減ってる?」 「がっつり?あっさり?」 「肉よりは魚?」 「野菜は食べたい方?」 「和洋中でいけばどれ?」 みたいな質問を繰り返して主食と副菜を決めるんだけど私はこれを晩飯アキネーターと思ってる。

一番大切なのは

価値観が合うっていうのは結婚には重要だけど、その中でも1番大切なのは金銭感覚じゃないかな。 金銭感覚とはTシャツに2万円出せるかということより、タクシー代の2千円を使って体力と精神力を温存するか、2千円がもったいないと炎天下を歩き夕方疲れて不機嫌になるか…って意味なんだと思うんだわ。

結婚式はやっておくべき

婚活の師匠に「絶対に結婚式はするべき!」って力説された。 ・貯金があるか ・面倒な行事でも嫌な顔をしないか ・自分の意見をきちんと言うか ・義両親が口を出してこないか ・友人や同僚、上司がどんな人か これが結婚式ですべてわかるって なるほど、結婚式を乗り越えて初めて夫婦になれると...

結婚するときの母世代のベテランさんの助言

これ何度も呟いてるんですけど、結婚するときに母世代のベテランさんに「夫には内緒の預金通帳を作って200万は突っ込んでおけ、結婚前だ、必ずだ」と言われていて、育休2回目の今、その言葉の重みを骨身に沁みて実感してるので結婚を検討してるお嬢様方にはぜひ頑張って貯金に励んでいただきたいなと

パートナーに必要なのは

女の子は「この人が私の父親だったら良かったのに」と思える人と結婚すると後悔がない。対等に渡り合える人でも母性をくすぐられる人でもない。よく女の子は父親に似た人を好きになるというけれど、そうではなく「実の父よりもこの人の子供に生まれたかった」と思う人をパートナーにすると後悔しない。

仲良し夫婦に学ぶ

【母と祖母に言われた、結婚相手の選び方】 ・トキメキより安心感 ・自由をくれる(束縛しない) ・会話が楽しい ・寛容な人 ・マザコンでない ・嘘をつかない ・価値観を許し合える人 ・愛情深い人 両親も祖父母も超がつく仲良し夫婦です。 結婚した今、私もこの基準は間違いないと思ってます。

80越えてもやっぱり思う

80超えの女性患者さんが、お見舞いにくるご主人と仲睦まじいので、夫婦円満のコツを聞いたところ「好きな顔の男と結婚しなさい。顔は一生変わらない。何かあっても顔が好きなら旦那の顔を見てるうちに「まあいっか」って思えるわよ。しかも好きな顔の子どもが生まれる」と力説されたこともあったな。

子育ては

昔会社の先輩パパに言われた 「産後すぐの子育てを共に乗り越えなければ、夫婦の価値観が揃う瞬間はそのあと二度と来ない」 という言葉は厳しいけどすごく胸に響いた。 ふと思い出しては反芻してる。

1 2