感情が昂ぶり、友人を寝かせた地面にたかる蝶を追い払い、
その一帯の小石と土をすくいあげ、滝壷に放り込んだ。
ザックからタオルを取り出し、ざぶざぶと水に踏み込み、
岩の蝶に構うことなく、目に付く限りの血をタオルでこすり落とした。
乾いた血は、爪で掻き落とした。

滝に背を向け、歩き出したとき、誰かの声が聞こえた気がした。
どこかで、低い声で笑っているのが聞こえた気もした。
構わず歩き去った。
とにかく、怖かった。

出典岩の蝶

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話まとめ(83)

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話をまとめました。

このまとめを見る