1. まとめトップ

新人王だけじゃない!ヤクルト村上宗隆が獲りそうなタイトルが異色

プロ野球東京ヤクルトスワローズの #村上宗隆 (むらかみ むねたか)選手が高卒入団2年目の19歳にして清原和博氏(西武)が打ち立てた10代最多本塁打記録に33年ぶりに並んだ。阪神近本選手らセ・リーグ新人王のライバルを差をつけて狙えるタイトルがまだまだありました。

更新日: 2019年08月28日

2 お気に入り 5051 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まだ19歳て…

nyokikeさん

▼清原和博氏以来!10代最多本塁打記録にならんだヤクルト村上宗隆選手

【凄すぎ】ヤクルト・村上宗隆、今季31号!清原和博に並ぶ10代最多本塁打 news.livedoor.com/lite/article_d… また、この一発で打点を86とし、中西太(西鉄)が1953年に打ち立てた86打点に並び、高卒2年目以内の歴代1位に上り詰めた。 pic.twitter.com/Ka3WKQKZOd

ヤクルトの村上宗隆内野手(19)が27日、DeNA戦に「6番・一塁」で先発出場。2回に今季31号となる先制ソロ本塁打を放ち、1986年に新人だった清原和博(西武)が打ち立てた10代最多本塁打記録に33年ぶりに並んだ。

また、この一発で今季の打点をリーグトップの86とし、高卒2年目以内では中西太が西鉄2年目の1953年に記録した86打点に並び、歴代1位に上り詰めた。

・期待される新人王…ライバルとなる阪神近本選手らに差をつけた?

新人王は、原則として海外のプロリーグ経験がなく、支配下に初めて登録されてから5年以内で、投手は前年までの1軍の登板イニング数が合計で30イニング以内、打者は、前年までの1軍の打席数が60打席以内の選手が対象だ。

現時点の候補としては、一般的に有利とされる投手なら床田寛樹(広島)と上茶谷大河(DeNA)が挙げられる。しかし、今季のセ・リーグ新人王は、村上宗隆(ヤクルト)と近本光司(阪神)の争いと見るのが無難だろう。

近本が新人王に輝く条件を挙げるなら、一時の不調期を脱したいまの好調を維持し、3割近い打率を残したうえで、盗塁王のタイトルを取ることではないか。

▼快進撃を続けるヤクルトの村上宗隆内野手に期待が集まっています

ラジオ中継 「他球場ですが、ヤクルト村上が30号です」 福本「すごいねえ」 「新人王も有力候補ですが」 福本「いやもう獲るでしょう」 「…阪神の近本も期待されてますが」 福本「100盗塁ぐらいしたらね」 「…100ですか」

村上選手 ドラ1位で入団してファンの期待はかなり高い✨ エラーした試合もチャンスで結果が出ず辛い時期もたくさんあった でも後少し頑張れば タイトルという一生消えないモノが手に入る 十分やってくれてるのは分かるがここまで来たら本塁打王打点王新人王のタイトル獲得して欲しいです‍♂️ pic.twitter.com/mNJ7xrFenb

正直新人王は村上一択のレベル 打率ガーって見るけど打率なんてただの見栄えやし、色んな打撃指標見ても格段に村上が勝ってる 近本どうこうではなく村上が単純に凄い むしろ近本が新人王取っても批判されそうだから村上に取ってくれとさえ思ってる

「村上くんはどんな選手なの?」と聞かれても、ずっと見続けてきたファンほど「ヤバイ」としか言えなくなる。それしか形容出来る言葉が浮かんでこない。彼はヤバイ。 #swallows #村上宗隆

村上くん40本いっちまうんじゃないか…… なんかチーム越えて期待してしまうわ #村上宗隆

▼いわゆる「清宮世代」で真っ先に頭角を現した村上宗隆選手

2017年のドラフト会議では清宮(早実高→日本ハム)の外れ1位でヤクルトに指名された村上。指名を後押しした橿渕(かしぶち)聡スカウトグループデスク(44)は「3、4年かけて育成できればと思っていたが、今の活躍は想像以上」と驚きを口にした。

熊本・九州学院高で1年夏に甲子園に出場(初戦敗退)した村上だが、橿渕氏はパワーや打撃技術だけではなく人間性を評価した。「練習を見にいったとき、監督ではなく村上が指示を出して選手を動かしていた」。率先垂範する姿に大きな可能性を感じたという。

ファームでの強化がメインだった昨季。朝の早出でバットを振り、イースタン・リーグに出場。寮に帰ってからも室内練習場で、マシン打撃の特打。これを繰り返した。

イースタンでは98試合に出場し打率2割8分8厘、本塁打17本。北川2軍打撃コーチは「スイングスピードを上げるために、とにかく振らせた。それでも音を上げたことは1度もなかった」と認める。

高津2軍監督のコメント

どのチームも喉から手が出るほど欲しい若き和製大砲であり、村上の場合、たとえ個人タイトルを獲得できなくとも、そしてどれだけ低打率(.238)で失策(15)が多くても、本塁打と打点の多さがそれらのマイナスを十分にカバーするだろう。

2019年8月19日時点での記事

1年間ファンの皆さんにはお世話になりました。初めてのことばかりで戸惑いもありましたが、なんとか1年目のシーズンを終えることができました。来年は2年目です。後輩も入団してくるので、より一層気を引き締めて良いオフシーズンにしたいと思います。 来年もよろしくお願い致します。 pic.twitter.com/ErdRdOWgQU

▼村上宗隆選手が達成しそうな珍記録

1 2