1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

京アニ最新作も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年9月第1週末公開の「おすすめ映画」5作品。『アス』、『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』、『いなくなれ、群青』、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』、『タロウのバカ』。

更新日: 2019年09月07日

10 お気に入り 21206 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『アス』(9月6日公開)

『ゲット・アウト』のジョーダン・ピールが監督・脚本・製作を手掛けたスリラー。

休暇で海辺にやって来た一家が、自分たちにそっくりな人物に遭遇する。

『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴが主演を務め、『ブラックパンサー』などのウィンストン・デューク、ドラマシリーズ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」などのエリザベス・モスらが共演。

試写で『アス』を一足先に拝見しました。家族が休暇に訪れた家で、突如自分達と瓜二つの者に襲われる…。道理不明なドッペルゲンガーの容赦ない行動が怖い。緊張感と謎が右肩上がりする中で、たまにユーモアな部分も魅せ、投げかけた問いの解に身震いする単純には終わらせない新鮮味あるスリラーでした pic.twitter.com/1wH96EjqW3

『アス』試写@東宝東和。『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール製作、脚本、監督、ルピタ・ニョンゴ主演のサスペンススリラー。赤い服を着た自分とそっくりの“私たち”との闘い。ピール監督、さすがに普通のホラーにはしない。捻りを加えた展開にアッと驚くどんでん返し。これは面白い。 #映画 #eiga pic.twitter.com/IdKsZzpAvc

◆『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』(9月6日公開)

エリートが集う名門学園を舞台に、惹かれ合っているにもかかわらず素直になれない白銀御行と四宮かぐやが、相手に告白させるために恋愛頭脳戦を繰り広げるさまを描く。

監督は「俺物語!!」「ニセコイ」の河合勇人。ドラマ「海月姫」や映画「翔んで埼玉」の徳永友一が脚本を担当する。

『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』試写。恋愛は好きといった方が負け。奥手な主人公2人が青春ならではの価値観に振り回される。演じるのは平野紫耀と橋本環奈。振り切った演技で笑いを取りつつ、モノローグで切ないくらい純な心をダダ漏れさせる。佐藤二朗のナレーションもいい。

映画『かぐや様は告らせたい』のマスコミ試写会に行ってきた。最初キャスト聞いたときは違うと思た。かぐやはもっと背の高いつんとすました女子やし、会長はそんなにジャニーズっぽくないw けど、橋本環奈さんも平野紫燿さんも結構嵌ってた。藤原も石上もぴったりでアニメのファンは大満足。ほなね。

◆『いなくなれ、群青』(9月6日公開)

河野裕の青春ミステリー小説『いなくなれ、群青』が、横浜流星×飯豊まりえを主演に迎え、実写映画化。

主人公・七草は、物事を悲観的に捉えることが多い高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。

監督は、アメリカの高校在学中にバッカイフィルムフェスティバル(01年)のオハイオ州優秀賞を受賞し、帰国後、カメラマンや映像作家として活動をしてきた新鋭・柳明菜が務めている。

映画『いなくなれ、群青』試写。ファンタジックな世界観と映像の中に、ふと問い掛けられているようなドキッとするセリフが在って、不思議な感覚になった。飯豊まりえさんがめちゃくちゃ魅力的だったし、横浜流星さんも新たな表情が見える役柄で、淡々と叙情的に語るようなナレーションも良かったです◎

9/6公開の『いなくなれ、群青』を試写で観た。このポスタービジュアル(お友達がスチール担当!)に負けないくらい、画のどこを切り取っても圧巻の美しさ。ひと味違う横浜流星も、また良い。 #いなくなれ群青 pic.twitter.com/GNfiv99DHG

◆『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』(9月6日公開)

京都アニメーション制作の人気アニメで、2018年にテレビ放送およびNetflixで世界配信された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の新たな物語を描く外伝。

1 2