1. まとめトップ

秋スイーツ、モンブランが有名ホテルや人気ケーキ店から続々登場!!

みんな大好きモンブランの季節到来です!!都内のホテルから、行列必至のあの店、不変の人気を誇るこの店まで。この季節ならではの秋の味覚をぜーんぶ、食べ尽くしたい!!!

更新日: 2019年08月31日

1 お気に入り 1441 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秋スイーツの代表と言ったら「モンブラン」。残暑厳しい日々が続きますが、都内各地ではパティシエこだわりのモンブランが、9月に入る今週末から続々と登場します!一足先に2019年のモンブランをどうぞ!

kikimasterさん

ホテルニューオータニ 東京の「スーパーモンブラン」

厳選和栗、豆乳、黒蜜あんこ、青ヶ島産ひんぎゃの塩などの和素材にシェフパティシエのこだわりを尽くした逸品。

”奇跡の栗”と称される「利平」や”栗の王様”と呼ばれる「銀寄」、希少品種「人丸」などの和栗の中からそのシーズンに一番の食べ頃を迎えたものをシェフパティシエが厳撰。9月のモンブランは「利平」を使用(予定)。

2019年秋のスーパーモンブランは、元祖くず餅「船橋屋」の「くず餅乳酸菌®」をプラス

モンブランスタイル(代々木八幡)の「モンブラン」

日本で唯一の和栗専門店「和栗や」が手がけるモンブランと厳選日本茶の専門店。
目の前で作りその場で提供する”お寿司屋さんスタイル”でいただくことで話題のお店

秋に収穫されたまま、獲れたての風味が生きたオリジナルの和栗ペーストに合わせるのは、北海道根釧産・特選生クリーム、奥久慈産・国産飼料 100% 本物の平飼い卵等、選び抜いた素材のみ。

原材料は収穫したて、鮮度良く、香りの良い状態で加工し、急速冷凍をかけて保存をするため、一年を通し『新栗』の美味しさを味わっていただくことが可能

白木カウンターでオリジナルの笠間焼に盛り付けてご提供するのは、作りたてのモンブランと茶聖・小室栄寿氏の希少な日本茶。
原料となる栗は、日本一の栗産地笠間市・岩間地方にモンブランに適した栗のみをオーナー自らが栽培した物。(現在は自社農園で収穫された栗と同地域で収穫される厳選した栗のみを使用)

アテスウェイ(西荻窪)の「モンブラン」

一目見て「アテスウェイのモンブラン」と分かるそびえ立つようなフォルムは、アテスウェイ開店前夜に栗をイメージ

土台はアーモンドのメレンゲ。香り高い和栗の上に乳脂肪47%のホイップクリームを絞り洋栗のクリームで覆いました。

INTERSECT BY LEXUS-TOKYOの「オリジナルモンブラン」

焼きメレンゲの上に刻みいれた和栗をエスプーマの生クリームとINTERSECTオリジナルのマロンストリングで包み込み、仕上げに栗おこげ*1をトッピングした贅沢なモンブラン

*1 栗きんとんを炊き上げる時に鍋の底にできる、栗きんとんのおこげです。一度にあまり取れず、栗の風味の詰まった珍しい一品

トッピングの栗おこげは栗きんとん発祥の地 岐阜県中津川の銘菓、仁太郎の栗おこげを使用。

オーダーを受けてから作成するため、メレンゲや生クリームが新鮮で、栗の風味が豊か

マロンストリングはラム酒やマロンピューレ、バニラビーンズなどをオリジナルの配合で調整。

刻みいれる和栗は風味を引き立てる渋皮付で、熊本県産丹沢栗、茨城県産筑波栗を贅沢に使用。

パレスホテル東京(丸の内)の「プレミアム マロンシャンティイ」

四国の四万十川源流地域の和栗を使用、同じく四国の徳島県産和三盆を合わせた生クリームで包み込み、より一層風味豊かに仕上げました。

栗は全体になめらかにするのではなく、粗めに裏ごしし小さな粒を残すことで食感に変化が加わり、噛むほどに風味が口に広がります。また土台のジェノワーズに乗せる際、ふんわりと空気を含ませて固めることでほろりとした食感に。

1 2