1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tatsubo1208さん

■日本人の主食と言えばお米

昔からお米を主食にしてきた日本人にとって、ごはんは非常に消化しやすく、身体を冷やしにくい食べもの。

これは効率良くエネルギーを作り、体温や正常な代謝を保ったり、脂肪を燃えやすくしたりすることにつながります。

■お米には健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれている

お米には、糖質の他にもタンパク質、脂質、鉄分など、体の健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれているのです!

すべての炭水化物が悪者なのではなく、どんな炭水化物を食べるかで健康に関しては逆の効果があるのだ。

■実はお米にも健康に対するリスクが潜んでいる

■お米には「無機ヒ素」が含まれている

すしなどコメを使った日本食は海外でも人気だが、含まれる無機ヒ素の多さから海外でコメはリスクが高いとされる食品の一つ。

■無機ヒ素とは?

無機ヒ素とは毒性の高い物質で、短期間で大量に体内に入ると、

ヒ素は自然界で主に岩石や土壌中に無機ヒ素として存在します。

■小麦,野菜や果実よりも非常に高い

EUが米の無機ヒ素の最大基準値は1キログラム当たり精米で0.2ミリグラム、玄米で0.25ミリグラムとなっています。

コメ(玄米と精米)の総ヒ素および無機ヒ素の濃度の平均値が,小麦,野菜や果実よりも13〜77倍も高いことがうかがえる。

■茶碗1杯あたりで数秒寿命が縮む?

福井県立大学教授の岡敏弘さん(現・京都大学教授)によると、茶碗1杯あたり白米で7.7秒、玄米で9.9秒寿命が縮むという。

1 2