1. まとめトップ
  2. ガールズ

いつか必ず楽になる時がくる!育児の先輩ママに習う『子どもに救われた時』

小さな赤ちゃんや乳幼児が駄々をこねたり、泣き叫んだり、それって当たり前のような光景ですがママから見れば『これが永遠に続くの?』と落ち込み悩み、誰にも話せず孤独になってしまうことも。でも大丈夫です!育児に追い詰められた時、また救ってくれるのも子ども!先輩ママはよ~く知ってます。

更新日: 2019年08月30日

10 お気に入り 16944 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

子育て中に不安になるママが大半!

私だけじゃないの?と悩む必要はありません。
悩んでいるママは沢山いるのです。思い切ってママ友に話してみたら『実は私も…』なんて返ってくるかもしれません。

厚生労働省が2015年に実施した「人口減少社会に関する意識調査」によると、子育てに負担や不安を抱える人は調査対象の7割を超えています。

「子育てをしていて負担・不安に思うことがあるか」という問いに対する回答を見てみると、「子育ての負担や不満がとてもある」は28.8%、「どちらかといえばある」が43.6%となり、合計72.4%の人がなんらかの負担や不安を感じていることがわかります。「ない」という人は7.8%とごく少数派です。

子どもからの『大好き』の言葉

子どもって感情が豊かなんですよね。

大人と違って隠そうとしない。
だからこその我儘だったりに振り回されたりしますが、こういうストレートな好きの感情で全て許してしまうんです。

言うことを聞かない3才の息子についイライラしてしまう毎日。ある日、机の上の牛乳をこぼした息子にカッとなって、思わず叩いてしまったんです。『しまった!』と思ったけど後の祭り。

息子は大声で泣き出しました。そして、泣きながら『ママ、大好き、ごめんね』って言うんです。あぁ、この子はどんな私でも大好きでいてくれるんだ…。そう思いました。

落ち込んだとき、ニコニコしてママだいすきって言われるとほんとに涙出てきます。

まだちゃんと発音できないカタコトの言葉で伝えようとしてくる

一歳前後から単語が増えて来て段々と自分の主張も言葉で伝えられるようになってきます。

まだまだ言い間違えも多いのですが一生懸命に伝えようとしてくる姿に救われるという人も多いようです。

子どもの舌足らず単語可愛いなぁ〜~ うちの次女は私もという意味で 「(次女の名前)も!!」と言うとき完全に 「マイティーモー!」と言ってる。

外国語みたいになってて、かわいい(笑)

ようやく『ありがとう』が言えるようになった娘。まだ、きちんとしゃべれないので『あーと』になっていますが…。そんな娘がインフルエンザにかかってしまいました。高熱で食欲がない娘に、プリンなら食べられるかも、と思い、ひとくち食べさせてみました。

すると、よほど美味しかったみたいで『あーと』とつぶやいたんです。眠らずに看病していて疲労もピークだったんですが、そんな疲れもふっとびました

ちゃんと見てくれてるのね…ご飯が美味しいって褒めてくれる

仕事や育児に追われ忙しい毎日でヘトヘトでも精一杯作ったご飯を褒めて貰えたら頑張って来て良かった~と救われますよね!

「料理が苦手で、お弁当はいわゆる地味弁ばかり。娘に『料理が苦手でごめんね』と謝ったんです。そのとき、娘に『ママのご飯が一番好きだよ、知らなかったの?』と言われてハッと気づきました。娘にとっては、私が作ることそのものに意味があったのですね」

子どもにご飯がおいしかったらおいしいと言ってほしいと伝えた結果: 娘「おいしい!」 私「おいしいね」 息子「おいしい!これはママしか作れない味だ!一流シェフの味だ!!」 めっちゃ褒めてくれるwww 嬉しい(*´︶`*)

夫やパートナーに言われるよりも救われる…子どもからの心配や慰めの声

育児に疲れている時に子どもから心配されたりすると、我儘放題の割に意外と見てくれているんだなぁと救われます。

誰にでも弱ってしまうときはありますが、子供の前では極力弱音をはかないよう涙をみせないようにしているママも多いものです。でも、うっかり悟られたり何気ないしぐさで子供に察知され慰められることもあります。

「大丈夫だよ、私がいるから」「どうしたの?ママつかれちゃったの?」「痛いの痛いの飛んでけ~!」など優しい言葉を投げかけられると子供が相手でもつい甘えたくなってしまいますよね。

うっかり泣いているところを見られた時にティッシュを持ってきてくれたり、拭いてくれるという話も育児あるあるですね。

「私が赤ちゃんの夜泣きや世話で疲れきっているとき、2歳の息子が私の頬を小さな手で包み『大丈夫?ミルク飲んだら○○ちゃん寝るから、もう少し頑張ってね!お願いね!眠ったらママも休んでね!お願いね!』といわれたとき胸キュンと同時に涙が出ました」

そういってくれるだけで、頑張れるのがママなんですよね。

定番だけどやっぱり感謝の言葉『ありがとう』の一言に救われる

定番と言われようともやはり感謝の言葉は救われます。小さい頃は勿論、少し大きくなってからの『ありがとう』も涙腺を直撃します。

今朝7時前に 息子からラインが来た いつも ありがとうございます というごくごくスタンダードな言葉 しかし 母の日も誕生日も あまり関係ない程の息子からの 朝早いメッセージに 母はいたく ご機嫌になりました わが子と同じくらい大事な #ユチョン Be #STRONG かな open.spotify.com/track/5oFt6fI8…

出発準備の荷物と一緒に 娘からの手紙と交通安全のお守りが 置いてありました 初めての九州行き気をつけてね 楽しんできてね(一部抜粋) もう感動して泣きそうでした ありがとう! 私の娘に産まれてきてくれて感謝します! 子どもを守っているつもりが 守られているのは私でした

1