1. まとめトップ

ウィーン観光【動画で予習】シェーンブルンから美術史美術館まで!?おすすめスポット特集♪

ヨーロッパの中でも比較的治安も安定しており、日本人にも大人気のオーストリアの首都『芸術の都ウィーン』。沢山ある見どころの中でもオススメの観光スポットを紹介している動画をまとめてみました!

更新日: 2020年01月15日

1 お気に入り 528 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ウィーン観光と言えばまずはシェーンブルン宮殿!

シェーンブルン宮殿は長きに渡りヨーロッパの名門王家として君臨し続けたハプスブルク家が代々夏季に使用してきた広大な宮殿です。マリア・テレジアやフランツ・ヨーゼフ1世等に非常に愛された場所で、フランスへと嫁いだマリー・アントワネットもここで幼少期を過ごしたとされています。

ウィーンに行った気になれる映像。04:04辺りからシェーンブルン宮殿の様子を映してます。それ以前は空港から中央駅までの車窓映像等が。

ハプスブルク家ゆかりの宮殿ですので、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世やエリーザベト皇后(シシィ)、マリーアントワネット、マリア・テレジア、等のお歴々の名前とその歴史少し予習してから行くと更に気分が盛り上がること受けあいです!!

日本人があまり行かないローカルスポット!?プラーター公園!!

プラーターは広大な敷地内に様々な施設が混在する総合型の行楽地です。そんなウィーン市民の憩いの地のシンボルマークとして堂々と佇んでいるのが映画「第三の男」の舞台にもなった1897年製の大観覧車です。建設当時は世界で一番大きな観覧車として暫く君臨してそうですが、これだけ長い間稼働を続けている大型の観覧車というのは世界を見渡してもここでしか見られません。

大観覧車以外にも見どころ満載です♪

冬季はしまってしまう事も多い様です。夏季は結構夜遅くまでやっている様なのでナイトスポットとしてもぴったりですね♪

ベルヴェデーレ宮殿!!オーストリア・ギャラリーで絵画鑑賞はいかがですか?

ベルヴェーレ宮殿はオーストリアの英雄プリンツ・オイゲンが建築した宮殿です。今は上下宮共に美術館となっていて特に上宮のオーストリア・ギャラリーが有名です。オーストリア・ギャラリーではエゴン・シーレ、グスタフ・クリムト、フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー等の作品を鑑賞する事ができます。

ウィーンの画家と言えばエゴン・シーレ、グスタフ・クリムトの両名が有名ですが、そんな二人の絵画が鑑賞できちゃいます。上の動画内ではギャラリー内の絵画もバッチリ紹介されています。

ウィーン旧市街周辺は見どころだらけ!?(オーストリア国立図書館、ホーフブルク王宮、シュテファン大聖堂、等)

旧市街と王宮周辺の様子を動画にまとめています。
<撮影スポット一覧>アンカー時計、シュテファン大聖堂、聖ペーター教会、ペスト記念柱、オーストリア国立図書館、ホーフブルク王宮、ミヒャエル広場、新王宮、シシィ博物館、英雄広場、市民庭園、王宮庭園、モーツァルト記念像、オーストリア国立図書館等

ホーフブルク王宮自体も素晴らしいですが、旧市街の教会やカフェを巡るのもまた楽しいひと時です。世界一美しい図書館と言われる『オーストリア国立図書館』は一度は訪れてみてほしい場所です♪

必見!!美術好き悶絶!?美術史美術館と世界一美しいカフェ♪

美術史美術館は元々はハプスブルグ家のコレクションを収蔵するための場所でしたが、現在は美術館として開放されています。元々のコレクションが国宝級だったこともあり、まさにオーストリアの宝物庫といっても過言では数々の名品を鑑賞する事ができます。

絵画に関して言えば、比較的に16世紀から17世紀の作品が多く、北方ルネッサンス期を代表する様なフランドル美術の巨匠の作品も数多く展示されています。バロック期の物も多く、イタリアのルネッサンスを彷彿とさせる様な祭壇画も展示されています。その他にも古代ローマ、古代エジプト時代の物と思われる考古学的な展示物もあり、一日いても飽きることの無く過ごす事ができます。


また、美術館の建物自体の美しさも必見で、ネオゴシック様式の館内で営業するカフェは「世界一美しいカフェ」と呼ばれています。大理石の列柱や豪奢な装飾がなされた空間でとても贅沢なひと時を味わえるとあって世界中からここを訪れる人々に愛される憩いの場所となっています。

上の動画内では所蔵作品の絵画もバッチリ紹介されています。
<所蔵品作者(一部抜粋)>
 ピーテル・ブリューゲル、ルーカス・クラナッハ、アルブレヒト・デューラー、
 ジュゼッペ・アルチンボルド、ピーテル・パウル・ルーベンス、カナレット、
 アンソニー・ヴァン・ダイク、ヨハネス・フェルメール、ダフィット・テニールス
 ディエゴ・ベラスケス、ヨルダーンス、ティントレット

レオポルド美術館で鑑賞するウィーン分離派、オーストリアの近代美術!

レオポルド美術館の様子をまとめました。オーストリアの近代美術をご紹介します。 中世よりのコレクションの多い美術史美術館と違い、レオポルド美術館では近代美術を鑑賞する事ができます。

<関連アーティスト>
アルビン・エッガー=リエンツ (Albin Egger-Lienz)/オスカー・ココシュカ(Oskar Kokoschka)/オルガ・ヴィージンガー=フロリアン(Olga Wisinger-Florian)/リヒャルト・ゲルストル (Richard Gerstl)/エゴン・シーレ(Egon Schiele)/グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)

1 2