1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

人気がありすぎて半日で閉店。中国・上海の「コストコ」がカオス

米のコストコが中国に初出店しました。出店した中国上海では人気がありすぎて半日で閉店するなど、カオス状態になっているようです。

更新日: 2019年08月31日

3 お気に入り 75409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■コストコ

コストコのはじまりは1976年、カリフォルニア州サンディエゴにある飛行機の格納庫を改造して作られた「プライスクラブ」という名前の倉庫店

管理や陳列にかかるコスト(費用)などを徹底的に抑える倉庫店スタイルである。入荷した商品は閉店後の深夜にフォークリフトで店内に運び、パレットに載せたままの状態で販売

量が多くとにかく安いのが特徴。食料品や家電、衣料品をはじめ、調剤薬局や眼科が入居しており、補聴器や眼鏡、コンタクトレンズを処方してもらえる

■このコストコが中国に初出店した

米国の会員制量販大手コストコ・ホールセールは27日、上海市の郊外に中国第1号店を開業

年会費は299人民元(約4400円)と、米国の60ドル(約6300円)よりも安い。

■大盛況すぎて半日で閉店を余儀なくされた

中国1号店となる上海店は開業初日の27日、来店客が殺到したことから、安全のため営業終了時間を前倒しする事態に追い込まれた。

午前8時半の営業開始とともに、想定以上の客が殺到した。客らは、我先にと店内の肉類商品、粉ミルク、中国酒などに次々と手を伸ばした

駐車場が3時間待ちになるなど大盛況を見せた。コストコの収入源となっている会員数もオープンから2日で10万人を超えるなど、出だしは好調

■「代理購入サービス」なるものも

コストコでの代理購入サービスも登場。アリババ系の中古商品の取引プラットフォーム「閑魚(Xianyu)」では28日、多くのユーザーが「コストコ代理購入サービス」を掲載した。手数料は8~10%

客らは高級西洋ブランド「エルメス」「プラダ」「シャネル」などのカバンのほか、生鮮食品売り場では牛肉、豚肉なども争って購入

「代購」とは「代理購入」を意味する。コストコの会員カードを入手した人間が、非会員や上海から遠く離れた場所に住む人のために、代わりに商品を購入して送る

■このカオスともいえる状況は日本でも話題に

レジ待ち2時間、入場待ち3時間、そして駐車場待ちの行列2km。挙句の果てに、午後営業停止。 そんないいか?コストコ。中国のパワーはまだまだあるね。 huffingtonpost.jp/entry/costco-d…

コストコ中国進出の混乱騒ぎ見てるとコストコ株買いたくなってくる。

Costco一店舗目上海にオープン。 さすが中国。カオスやなぁ。

中国にコストコできたってニュースで、人気すぎて警察と警備員が横一列になってこれ以上店内に入らないように入場制限してるのにも関わらず、無理矢理入ろうとしたり足の隙間をかいくぐって無理矢理強行突破してるのに衝撃だったw

中国政府はアメリカ大嫌い。 国民はアメリカ大好き。 そう、激しく奪い合うくらい♡ #Costco twitter.com/time/status/11…

生協も中国進出したら売れたかもねww 米コストコが中国で開店、大混雑で初日営業を打ち切り bbc.com/japanese/49493…

■時代は中国なのか?

1 2