1. まとめトップ
  2. 雑学
53 お気に入り 89655 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼一生懸命働いてるんだけど、なかなかお金が貯まらない(´;ω;`)

「計算上では月に数万円貯金できるはずなのに、いざ月末になるとなぜか余裕がない…。」このように、なかなかお金がたまらない

□あなたは大丈夫?働く女子が無駄遣いするポイントはココだった

・「自分にご褒美が大好き」

仕事により楽しく取り組むためにうまく活用したいのが「ご褒美」。達成後にご褒美があると思うと頑張れる!という人も多い

ご褒美の頻度が多かったり、ご褒美があまりに高いものだったりすると、普段から頑張って稼いだお金が一気に吹き飛んでしまうことも

お金がたまらない人の特徴① ・自分にすぐご褒美をあげてしまう。 例えば仕事や貯金を頑張ったからといって、毎回ご褒美をあげていたらお金がいくらあっても足りなくなります。 ご褒美自体を否定しませんが、お金のかからないご褒美にすれば、今より絶対にお金がたまるようになります!

・「コンビニ通いがやめられない」

食事や日用品の購入だけではなく、公共料金の支払いから宅配便の受付までできるコンビニ。もはやなくてはならない存在

店内に魅力的な新商品がたくさんあふれています。1回の買いものが300円だとしても積もれば月に1万円近く使ってしまってることも

なんとなく立ち寄っただけなのに、お茶やガム、お菓子、雑誌など、必要のないものを買ってしまうのがコンビニの恐ろしいところ

・「カフェ巡り」

飲み歩くようなお酒の趣味に比べたらそれほどお金がかからなくても遠くに行くと意外とかさむのが交通費。また「おしゃれカフェに行くのに変な格好で行けない」と思うと化粧品や洋服代もかかります

毎日当たり前のように注文するカフェラテ1杯のような軽い気持ちで使うムダづかいを積み重ねると、とんでもないムダになる

カフェ巡りしたい。けど、お金の無駄遣いしたくないし(._.)

毎日午後3時になるとコーヒーを買って帰ってきて、デスクのうえに置いてあるのですが、5時半になる頃には冷めて半分以上残っている人がいます。だとしたら、その「半分」がまさにムダ

・「SNSにハマり、インスタ映えが気になる」

最も多かったのは「料理」という回答。SNS映えのためにトッピングの追加や料理を1品プラスしたという声が目立った。中には「写真を撮るために食べたくないものを注文した」という人も

人からの目線を意識していると、どうしても出費が増えていきます。とくにインスタなどSNSにはまって見た目が綺麗なものを載せると、いいね!がたくさんつく環境に身をおいていると出費は増えます

1 2