海洋マイクロプラスチックの実態はまだ不明な点が多いですが、世界の海の表面には5兆個が漂っているとされます。何もしないと2050年までに海に出るプラスチックの合計は約10億トンに達し、全ての魚の重さ(約8億トン)を上回るといわれています。

出典なぜ加速? 脱プラスチック 日本は2020年4月から「レジ袋」有料化(NIKKEI STYLE) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海洋汚染を防げ!...多くの企業で「脱プラ」が加速化している

レジ袋やストロー等のプラスチックごみによる海洋汚染の問題が契機となった「脱プラスチック」の流れ。先行してストローの使用を止めた外食チェーンなどの動きに追随し、今多くの企業での「脱プラ」が急速に進んでいます。

このまとめを見る