環境省の中央審議会で提出された資料によると、1950年以降に生産されたプラスチックは83億トン以上にのぼり、このうち63億トンが廃棄物となっている。

出典2020年春にも「チャック付き紙容器」が登場…脱プラの代替品として“同等のバリア性”(FNN.jpプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海洋汚染を防げ!...多くの企業で「脱プラ」が加速化している

レジ袋やストロー等のプラスチックごみによる海洋汚染の問題が契機となった「脱プラスチック」の流れ。先行してストローの使用を止めた外食チェーンなどの動きに追随し、今多くの企業での「脱プラ」が急速に進んでいます。

このまとめを見る