国際機関である「世界経済フォーラム」がエレン・マッカーサー財団とともに発表した報告では、年間800万トンものプラスチックが海洋投棄されているという。2015年には、鼻腔にプラスチックストローが刺さったウミガメの救助映像が出回り、その痛々しい姿が話題となった。

出典2020年春にも「チャック付き紙容器」が登場…脱プラの代替品として“同等のバリア性”(FNN.jpプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海洋汚染を防げ!...多くの企業で「脱プラ」が加速化している

レジ袋やストロー等のプラスチックごみによる海洋汚染の問題が契機となった「脱プラスチック」の流れ。先行してストローの使用を止めた外食チェーンなどの動きに追随し、今多くの企業での「脱プラ」が急速に進んでいます。

このまとめを見る