流木や海藻なら、微生物などの働きでやがては分解され、二酸化炭素や水などに戻っていきます。ですが、プラスチックは、いくら小さくなっても、分解してなくなることはありません。

出典海のマイクロプラスチック汚染:ニュースがわかる海の話│東京大学 海洋アライアンス

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海洋汚染を防げ!...多くの企業で「脱プラ」が加速化している

レジ袋やストロー等のプラスチックごみによる海洋汚染の問題が契機となった「脱プラスチック」の流れ。先行してストローの使用を止めた外食チェーンなどの動きに追随し、今多くの企業での「脱プラ」が急速に進んでいます。

このまとめを見る