ただ、プラスチック製品全体の中で見ると、使い捨てストローの消費量はわずかである。現在、その深刻さが指摘されている環境汚染を抜本的に解決するためには、小売業でも脱プラの取り組みを進めることが欠かせない。

出典無印良品が銀座の新店で「脱プラ」を本格化 買い物袋以外にアレも紙製に (2/2) - ITmedia ビジネスオンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海洋汚染を防げ!...多くの企業で「脱プラ」が加速化している

レジ袋やストロー等のプラスチックごみによる海洋汚染の問題が契機となった「脱プラスチック」の流れ。先行してストローの使用を止めた外食チェーンなどの動きに追随し、今多くの企業での「脱プラ」が急速に進んでいます。

このまとめを見る