1. まとめトップ

食欲の秋に向けて!痩せ体質になるには無理なダイエットは禁物!5つの太らない方法

痩せ体質になるための太らない方法を5つ紹介します。「短時間で痩せて、短期間でリバウンド……」というダイエットではなく、一生もののダイエット法です。意識や行動を微調整することで、カラダを美調整(美しく調整)していきましょう。

更新日: 2019年09月01日

5 お気に入り 8344 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

痩せ体質になるには無理なダイエットは禁物!

我慢→ストレスが溜まって食欲が暴走……。せっかく減らした体重もアッという間にリバウンドしてしまったら、ダイエットをした意味がありません。ダイエットは続けるからこそ意味があるのです!

そこで今回は、無理なくライフスタイルに取り入れやすいダイエットの秘策として、痩せ体質になる5つのコツをご紹介したいと思います。

痩せる仕組み

痩せるためには、エネルギー摂取量(食事)を減らして脂肪の蓄積を防ぐか、エネルギー消費量(身体活動)を増やして脂肪を燃焼させる必要があるのです。

体がエネルギーを必要とする状態になると、体に溜め込まれた糖質、次に脂肪がエネルギー源として使われます。脂肪は糖質と比べると含まれる酸素が少ないため、遊離脂肪酸とグリセロールとして分解される際に大量の酸素を必要とします。
有酸素運動が脂肪燃焼に効果的とされるのは、脂肪分解のメカニズム上、酸素を必要とするからです。

太らない方法1「朝型生活で痩せ体質!」

午前中のうちに体を積極的に動かすと、その後5~6時間は代謝のよい状態が続くといわれています。通勤通学、外出、買い物etc……、日中は何かと活動することが多いので、1日の始まりに代謝のよい状態を作っておけば、エネルギー消費アップにつながり、ダイエット的にも有利。

過ごしやすい季節は、早朝ウォーキングを20分程度行うのも◎。また、ストレッチや軽い筋トレを行い、筋肉を鍛えることも脂肪燃焼効果が高まります。

運動が苦手&好きではないという人であれば、朝のうちに洗濯や掃除を行うのもオススメ。

この時、通常より大きめに体を動かしたり、つま先立ちで歩くようにすれば、よりエクササイズ効果が高まるでしょう。

いずれも朝の時間にゆとりがないとできないことなので、夜型生活を朝型生活にシフトする必要はありますが、就寝時間を早めれば「夜中にお腹がすいて何かを食べてしまう!」といった行動も控えられるので一石二鳥です!

朝ウォーキングの効果

自律神経を整える

朝日を浴びながらウォーキングをする朝ウォーキングがおすすめ。セロトニンを増加させることが期待できるので、自律神経を整えるためにも効果的な運動法と言えるでしょう。

ダイエット効果

ウォーキングは、足の筋肉を収縮させて適度な刺激を与えることで、血行促進の効果が期待できます。

太らない方法2「食事の微調整が体を美調整する!」

「大好物(でも太りそうなもの)は週末1回だけご褒美として食べる」「週に1回は思いっきり外食を楽しむ」というようにすると、ストレスなく日々のダイエットが実践できます。

また、食べ過ぎた翌日の午前中は水or野菜ジュースなどでプチ断食を行う、1日を野菜スープなどで過ごすことも調整方法としてオススメ。

さらに、夜は外食の予定があり食べ過ぎることが分かっている日は朝食と昼食を少なめにするなど、1日の食事量をコントロールすることが肝心

太らない方法3「バスタイム=ダイエットタイム!」

体を温めるのにマストなのはお風呂。ダイエットに有効な入浴法は、37~40度以下のぬるめの温度に、みぞおちの下まで浸かる半身浴。20分以上、頭から汗が噴き出るぐらいまで浸かれば、全身の血行がよくなることでデトックス効果も期待できます。バスタイム=ダイエットタイムだと思って、毎日しっかりお湯に浸かる習慣を持ちましょう。

また、42度ぐらいのお湯に全身3分浸かる⇔洗い場で休憩(頭や体を洗う)を3~5回繰り返す高温反復浴もオススメ。効率よく脂肪燃焼効果が期待できます。

太らない方法4「柔らかい体で痩せ体質に!」

・筋肉や関節が伸びやすく可動域が大きくなり、体も大きく動かせる
→消費カロリーがアップする

・体がスムーズに動くので運動することが苦ではない
→運動が継続&習慣化しやすい

・普段動かさないような体の隅々の筋肉まで使える
→脂肪が付きにくくなるうえ、所作も美しくなる

以上のように、柔軟性のある体はダイエットや美しさの面においてもお得です!

汗をかくセッションをフルに活かせる

ランナーでもウェイトリフターでも、ストレッチはワークアウトのルーティンの前後に定期的に行うべきです。フィットネスのことになると、ほとんどの人が柔軟性のトレーニングを重要でないとみなしがちですが、実際にはストレッチをすると動きや関節可動域がアップします。

関節可動域がよくなるということは、ランジをより低く、ジャンプをより高くできるということ。さらに効果的なワークアウトができるようになるのです。「スクワットであれば、より深くスクワットができるようになるということ。膝や股関節屈筋がさらに曲がるようになるのです」とウォーサンさん。「したがって、ワークアウトからより多くの効果を引き出せます」

太らない方法5「ダイエットで人生を楽しく!」

ファッションは気軽に気分転換ができたり、「○○風に」という演出が楽しめたりと、人生を楽しくする大きな要素です。

きちんとした身なりを心掛け、ファッションに気を配るということは、太らない体づくり&美しいライン作りにとっても◎。だらしない格好やボディラインを隠すファッションばかりしていると、体型がどんどん緩んでくるので注意しましょう。

また、ボディラインキープの基準となるパンツやスカートを決めておくこともオススメ。「ウエストや太もも周辺がきつくなったら危険!」という目安が分かれば、「気づいたら体重オーバー!」という事態を回避できます。

とりあえず3キロ痩せるべし

まずは3キロ痩せることを目標にしてみましょう。

個人差はありますが、3キロ痩せると目に見えて変化が出るんです。

3キロ痩せるとどうなる?

3キロって少ないようで、大きな変化なんです。
すでに持っている洋服も、とっても魅力的に。いつものコーデがなんだかスタイリッシュに見えたり、持っているスカートやパンツがさらに似合うようになりますよ♡

1 2