1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

クレストマニアとは・・・

クレプトマニアとは、ギリシア語の「kleptein」(盗む)に、狂気を意味する「mania」をつなげた用語である。

犯罪自体は、数百~数千円の物を万引きするような軽微なものですが、何度も万引きを繰り返してしまい、逮捕回数も複数回に及びます。

通常の窃盗行為との違い

これに対して、クレプトマニアは、十分な資産を有しているのに数百円の物の窃盗を繰り返したり、窃盗する物自体には大して関心を持たないことも多くあります。

窃盗後は、盗んだ物を放置したり、一度も使わずに捨ててしまうこともしばしばあります。

クレプトマニアの特徴として、「なぜ盗みを繰り返すのか説明できないし自分でもわからない」という点が挙げられます。

クレプトマニアの人は真面目な人が多い?

クレプトマニアは男性よりも女性に多く、また、クレプトマニアのほかに摂食障害やうつ病等ほかの精神障害を合併しているケースが多いと言われています。

クレプトマニアの方は、ふだんは真面目に生活している主婦や会社員が多く、窃盗以外に反社会的行為がみられないのが通常です。

「本人の意志が弱い」「だらしない」「反省していない」。万引き依存症者はこのように誤解されがちですが、そうではありません。多くは真面目で責任感が強い人ばかりです。

やめたいのにやめられない・・・

クレプトマニアとは「物を盗みたい」という衝 動を制御する能力に障害があり、本人が「もう 二度と万引きはしない」と決意しても、常習的 に窃盗行為に及んでしまうという「病気」である。

この障害は物を盗むという衝動に抵抗するのに何度も失敗することで特徴づけられるが、それらのものは個人的な用途や金儲けのために必要とされない。

通常、盗みは「見つからないように」行うものですが、窃盗症の人の場合、どこかで「見つかりたい」「捕まりたい」という欲求もあることが多いようです。

自分のおかれている苦境から逃れたい、自分の人生を壊したい、という自己破壊衝動と、誰かに自分の苦しみをわかってほしい、という欲求が根源にあるのかもしれません。

しかし一方で、わが国にこの問題に対応できる専門医療機関はほとんどなく、例え専門病院に入院してもその後また再犯にいたるケースが絶えません。

またクレプトマニア(窃盗癖)は再犯率が高いことから、なかなか周囲の理解を得られず、社会との間に隔たりが大きくなってしまいます。

クレプトマニアというのは、窃盗癖のことで。治療のために、病棟の中にフェイクの菓子を置いたコンビニみたいな部屋が作られて、看護師が隙間から見てるなかで、一日中そこで、万引きの疑似行為、、フリを繰り返して、社会復帰を目指すというーー。つらそー。

1 2