1. まとめトップ

徳島市『阿波踊り』の楽しみ方!徳島市に100万人が集う

徳島市が誇る観光資源である「阿波踊り」は、毎年お盆の期間中に徳島市に100万人が集まる盛大なお祭りです。

更新日: 2019年09月02日

1 お気に入り 347 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naoko5さん

◆徳島市が誇る観光資源「阿波踊り」

◆阿波踊りの楽しみ方

阿波おどりは“連”というグループ単位で行進し、その種類はさまざまです。踊りのプロ集団である「有名連」、企業の社員からなる「企業・職場連」などのほか、旅行者でもサクッと飛び入り参加できちゃう「にわか連」もあるんです。

お祭りの期間中、「徳島市役所市民広場」や「元町おどり広場」では、阿波おどりの上演に加え、踊りの無料レッスンを楽しめます。どちらの会場でも、朝の部は11時~12時、昼の部は14時~15時に開催予定です。

有料演舞場・無料演舞場・歩行者天国 - 徳島駅南側の商店街がほとんど歩行者天国となる。

全域が駅から徒歩圏内であり、最も遠い紺屋町演舞場でも徒歩10分程度。

◆有料演舞場の観客が偏る

2007年は開催日が平日寄りになったうえ無料演舞場や市内を周るツアーが多数組まれ、エリアの端にあり地理的に不利な市役所前演舞場では空席だらけになってしまった。

◆徳島の観光資源問題

徳島市の徳島城跡は、観光資源としての魅力に乏しい。1945年7月4日の徳島大空襲により、城跡内のほとんどの建物と共に唯一現存していた鷲之門も焼失。

徳島市内には阿波おどり以外にこれといった観光資源が無く、通年での稼働率や収支を考えると宿泊施設を無暗に増やすことができない。

その日のうちに香川県、高知県、愛媛県へ移動して宿泊、翌日からは各県を観光する。

◆参考リンク

1