1. まとめトップ

【悲報】増毛パウダーをつけて検査をするとMRIが壊れることが判明

薄い頭皮の強い味方である増毛パウダーを使用したままMRI検査をすると機械が壊れるというツイートが多発。なぜそのようなことが起きるのか。原因をまとめました。

更新日: 2019年09月05日

1 お気に入り 2270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

増毛パウダーをつけたままにするとMRIが故障するという恐ろしい話を耳にしたので、二度と同じようなトラブルにならないためにまとめています。

door2043さん

現在Twitter上で、「『スーパーミリオンヘアー』を使用したままMRI(核磁気共鳴画像)機器に入ると鉄粉が巻き上がり故障する」というツイートが話題になっています。

■話題のツイートとは…

他施設において、スーパーミリオンヘアー等の増毛パウダーを使用したままMRI検査を行い、鉄粉が装置内に飛び散り、MRI装置が使用できなくなった事例が発生しております」とのことです。

■増毛パウダーに含まれる鉄粉が原因

「スーパーミリオンヘアー」は、ルアンが販売するふりかけ式増毛剤。頭に直接ふりかけることで繊維が静電気で髪に付着し、髪が生えたように仕上がるとしています。

ところが、これを付けたまま医療機器のMRIに入ると、使用成分の鉄粉が巻き上がり機器に付着し故障。

MRIは強い磁場を発生させ体内の水分に電磁波をあて、跳ね返ってきた情報を画像化する仕組み。

強力な磁石を使用するため金属など「磁性(磁石に引き寄せられる性質)」を帯びる可能性があるものを装置内に持ち込むのは禁止されている。

イヤリングやネックレスはもちろん、心臓ペースメーカーや人工関節、入れ歯、インプラントも金属製のため、MRI受診前には医療機関などで入念にチェックをされる。

■多額の費用が発生・・・

■メーカーも初めて聞いたと驚きの声

担当者は「増毛パウダーがMRIに吸い寄せられるというのは初めて聞いた」と苦笑しつつ、「何らかの磁性体(磁石に引きつけられる物質)が含まれていれば引き寄せられる可能性はある」と話す。

「さらに磁性体はMRIに入ると熱を帯びるため、タトゥーや入れ墨の染料に金属が含まれていると火傷を負うリスクもあります」 ただ、増毛パウダーに鉄粉などが含まれているかは把握してないという。

「スーパーミリオンヘアー」で知られるルアン(本社・東京)に確認したところ、主成分はパルプ由来の植物繊維のみで金属は未使用。MRIに引き寄せられる事例はないとの回答を得た。

■スーパーミリオンヘアーはMRIへの影響を否定

MRI受診時の弊社商品に関するツイートについて回答致します。 原料は植物性繊維であり、MRI撮影に影響を及ぼすことはありません。 しかしながら粉末状繊維による機器の故障等を引き起こす可能性があるため、 MRI受診時にはご使用をお控え頂けますようお願い致します。 twitter.com/dgjtrs1109/sta…

同様のふりかけ式増毛商品を「スーパーミリオンヘアー」という一般名詞として呼称することも多いため、弊社商品と特定することができないことをご理解・ご了承いただけると幸いです。

また、「スーパーミリオンヘアーEX」シリーズには顔料の中に「酸化鉄」が含まれていますが、酸化鉄は金属が酸化したもので金属の性質を失っているとのこと。磁石に吸い寄せられることもないようです。

■他社の見解は?

同じく増毛パウダーを販売しているアデランス(本社・東京)は、「一部のパウダーで染料として酸化鉄が含まれています」と答えた。

しかし、これまでにMRIなどでトラブルがあったという事例は聞いたことがなく、利用者からの問い合わせはないと回答。

同じくふりかけ式増毛剤の「アートミクロン」を製造している、アートネイチャーにも話を聞いてみました。

1 2