1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

転職活動を終え、内定通知を受け取った後で必要な事をまとめてみました。

m2getさん

内定通知がきた!

長い冬を乗り越えて掴んだ内定通知ですが、その後でやる事には何があるのでしょうか?
私が参考にした事をまとめてみました。

やっと手にした内定通知。
嬉しさもひとしおです。

新卒時は会社から案内が送られてきて、それに従って準備しただけで済んだけど、転職時はどうなんだろうと考えてしまいました。

内定が出てからのトラブルは意外と多いので、正しい対処法を知っておくようにしてください。
ここでは、内定から入社までの流れについて紹介します。

内定通知を受領後の流れが分かりやすく書いてあったので助かりました。

次に参考にしたのは以下のサイトです。

念願の転職内定をゲット!これで転職活動から解放されてゆっくりできるぞ!なんて考えがちだけど、内定をもらった後も意外とやることが多いんだよね。

まずは内定通知の返事をしないといけないし、労働条件を確認したうえで内定を受けるか辞退するか決めなきゃだし…。一息つけるのはもうちょっと先なんだ…。

内定もらった後でやる事が意外にあるんですね。
参考になりました。

転職活動のゴールは内定を得ることではない
 この事例のように、皆さんは「転職活動のゴール=内定を得ること」と考えていないでしょうか。転職活動においていろいろと勝負どころがありますが、その中でついつい甘くなりがちなのが、内定を勝ち取った後の、企業や仕事内容に対する最終チェックです。

実際に転職後の仕事内容とか確認しないと不安になりますよね。

以前のような年功序列の給与制度が少なくなったこともあり、リスタートだからといって必ずしも給与が下がる訳ではない事が分かる。

その一方で明らかに年収が上がるのは3人に1人と、転職による年収アップが決して簡単ではないということもお分かり頂けるだろう。

基本的には「転職すると給与は下がる」と思っていました。
キャリアアップでの転職なら給与面での待遇は希望があるのかもしれませんね。

内定承諾後に企業から連絡が何もないと、

「もしかしたら、私は忘れられているのかな?」とか、

「本当に入社できるのかな?」

といった不安で心配になりますよね。

そんな時はどうしたらいいのか?

確かに内定通知をもらった後で何の連絡も無いと不安ですからね。

承諾後は忙しくなります。転職先への入社準備と現職の退職準備が同時にスタートするのです。これを「退職活動」とも呼びますが、現職を円満退社したいのであれば退職の手続きをしっかりと行うべきです。

在職中に転職活動をしている人は、現職の退職についても考えないとダメですね。
参考になります。

お礼状?

内定のお礼状のページ。採用内定のお礼状とは、内定通知書または採用通知書を受け取った時に、内定者がその企業やお店に出すお礼状のことをさします(内定をもらった学生もしくは社会人が内定先の企業やお店などに出すお礼状です)。

内定のお礼状送るなんて考えたことも無かったのですが、必要なのでしょうか?
少なくともそんな事してる人は見たことが無いんですがね。
それとも、時代の流れなのでしょうか。

ここでは内定後の転職エージェントの注意点や具体的にどのような行動を取ればいいのかについて解説していきます。

転職エージェントにお世話になっている場合には、さらに転職エージェント側に対する確認も必要なんですね。
これも私が気付かなかった事の一つです。

転職は1社のみという人は少なく、内定をもらってもまだ面接が残っているという人の方が多いのではないでしょうか。

内定後に他社の面接をすべて断るのなら問題はありませんが、他社も面接してみたいと考えている人に注意すべき点について見ていきましょう。

確かに、複数社を同時に面接進行する事はありますからね。
より良い条件で仕事をする為には必要になる事だと思いますね。

最後に、確認漏れが無いかをしっかりと確認しましょう。
あなたの人生です。
他の誰も責任を持ってはくれませんよ。

入社の承諾をする前に確認しておくこと

一度入社の承諾をしてしまえば、それを取り消すことは相手先企業に対して大変失礼なことですし、場合によっては一度雇用契約が交わされたとみなされ結構なトラブルになる可能性があります。そうしたことを避けるために、不安要素があれば必ずクリアにしておきましょう。

さあ!
新天地で頑張りましょう!

1