1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

学生時代にしかできないこと、社会人になる前にやっておけばよかったなと思うことをまとめてみました。

1.恋愛をする

学生時代の恋愛と社会人になったときの恋愛は違います。
以下違う点をまとめました。

①社会人になると会う頻度が少なくなる
社会人はお互いの会う時間も限られており、会えても数時間など学生時代と比べると一緒に過ごせる時間が圧倒的に少なくなります

②結婚を意識し始める
社会人になると結婚を意識し始める方も多くなります。そうなると気軽に付き合うことができなかったり、性格や顔だけでなく将来性なども考慮して、お付き合いすることを考えなければなりません。

学生のようにただ恋人との時間を楽しく過ごすということが難しくなってきます。いくつもの恋を経験できるのも学生時代の特権です。学生時代の経験から、将来結婚したいと思える自分に合った恋人の条件なども分かってくるかもしれません。

2.旅行に行く

社会人になると、まとまった休みが取れなくなります。
学生時代のうちに○○一周旅行などをしておくと、計画力や、見知らぬ土地での適応力、色々の人とのコミュニケーションなど様々なメリットがあります。

このような経験談を聞くのは非常に楽しいため、話のネタにもなります。

3.趣味を見つける

何らかの没頭できる趣味を見つけておくと良いです。社会人とはいえ、帰宅後や土日など、時間はあります。この時間を有効に活用して心身のリフレッシュを行いましょう。

ここまで頑張れば楽しみが待っている!と思えるマイルストーンがあることは仕事のモチベーションをあげるために非常に重要です。逆に趣味がなく、時間を無駄にしてしまうと、何もなく休みが終わってしまい、休んだ気がしません。

4.スマホを触らないようにする

むやみにSNSをチェックしてしまう人、暇な時間があればスマホゲームをしてしまう人、目的もなくネットサーフィンをしている人、これらは時間の無駄です。

社会人になると業務中はほとんどスマホなど触ることができません。それに慣れることはもちろんのこと、意味もなくスマホを触っていることは時間の無駄です。学生時代の限られた貴重な時間を有効に活用するためにも、気づいたらゲームをしてしまっている人などは、ゲームアプリをアンインストールすることから始めましょう。

5交友関係の整理を始める

社会人は、人と会う時間も中々取れません。勤め先によって今の交友関係がバラバラになることもあります。だからこそ、社会人になっても付き合ていきたい人とはより密な関係を。逆にもう会わなくてもよいと思える人とは距離を置き始めましょう。

確かに人脈は大切です。誰がどこで助けてくれるか分からないため、広げておくことに越したことはないでしょう。ただ、その人と関係性を振り返り、本当にピンチの時に、「その人は私を助けてくれるだけの仲だろうか」考えてみてください。もしNOならその人と付き合うメリットはあるでしょうか?自分のレベルはまわりの人に非常に影響されます。自分の価値を落とす人と付き合うのは時間もお金も無駄です。

6.断捨離をする

社会人になると部屋を掃除する時間も、なるべく短くしたいと感じます。物が少なくなれば掃除も楽になります。断捨離にはそれだけでなく、他にも素晴らしい効果があります。

↑断捨離の効果を確認できます。

社会人には断捨離を行う時間も無くなります。

7.社会人の準備を!

スーツやビジネスバッグなど必要になるものを揃えましょう。揃えようと思うと意外と時間がかかります。入社前に慌てて買うことにならないようにこつこつと準備をしておきましょう。腕時計などは学生のうちからも使えます。

↑社会人に必要なモノを確認しましょう

以上、学生のうちにやっておきたいことをまとめました!学生時代の時間は本当に貴重なものです。悔いが残らないよう全力で楽しんでください!!

1