1. まとめトップ

【人気アニメ】9人の″柱″紹介【鬼滅の刃】

現在放送中のアニメ「鬼滅の刃」。SNSで多く二次創作が出回るなど、その人気は絶大。今回は本作で強大な力を持つ”柱”のメンバーを紹介。

更新日: 2019年09月04日

1 お気に入り 9343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AnyPOCOさん

※この記事はアニメ版22話までの内容をもとに製作しています。ネタバレの可能性あり。
また、「柱」についての説明もそれまでの話で出てきたことのみ記載しているので大分大雑把な内容です。特に原作等を読んでいる方は稀薄なものに感じるかもしれません。ご了承ください。
随時、更新させていただく予定です。

そもそも「鬼滅の刃」とは?

本作のあらすじ

時は大正、日本。
炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。
絶望的な現実に打ちのめされる炭次郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道を進む決意をする。
人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる──!
(鬼滅の刃 公式サイトより引用)

今回は、その鬼滅の刃において重要な人物達である”柱”について紹介します。

「柱」とは?

古代より、人を喰らう鬼を狩ることを目的としていた組織「鬼殺隊」...その中でも強靭な能力を持つ最高位の役職のことです。
鬼殺隊や柱そのものについての詳細は下記URLよりお願いします。

◆9人の柱 紹介

水柱。
炭次郎と妹の絆を見受けた末、炭治郎を鬼殺隊に導いた寡黙な人物。
那田蜘蛛山では、十二鬼月の一人であった「ルイ」を瞬殺するなどその強さを見せた。
胡蝶いわく「皆から嫌われている」。

蟲柱。
那田蜘蛛山へは冨岡義勇とともに向かう。
彼女自身の力は強くないようで、毒を用いて鬼を狩る。
特に冨岡に冷淡な言葉をはなっていたが、柱合会議では、炭次郎に鬼を連れている故を話すよう優しく諭すなどの面も見られた。

炎柱。
名前と容姿からしてアツい男。
禰豆子をかばう炭次郎に対し、「鬼もろとも斬首する!」と容赦ない言葉を放った。

音柱。
口癖は「派手」。
とにかく派手好きらしい(?)

恋柱。
柱合会議において、他の柱が炭治郎と禰豆子に殺処分を訴える中、二人の身を案じる温情さを見せた。
感受性も豊かのよう。

霞柱。
柱合会議にて、常に何事にも無関心であった。
炭次郎の処遇について問われたときの彼の発言なども含め、忘れっぽい人物のようだ。

岩柱。
常に合唱をしており涙を流している。
慈悲深い人物かと思いきや、柱合会議では炭次郎の話を聞く耳を持っていなかった。

蛇柱。
柱合会議では、「鬼は信用せず殺すべき」だの意思を強く見せていた。
禰豆子を助けようともがいていた炭次郎の動き(と呼吸)を阻止した。

風柱。
短期で荒々しい性格。
剣で禰豆子を数回刺すなど、鬼に対しての慈悲など一切なかった。
しかし、館様である産屋敷耀哉の前で、は礼節を保ち忠義を見せていた。

それぞれ個性がありますね!
多くの柱は未だに炭次郎と禰豆子に不満をもっているようですが、二人は彼らの不満を払拭できるのか、また、これからの柱の活躍シーンも楽しみですね!

1