1. まとめトップ
  2. カラダ

恐怖!続く首の寝違えに潜んでいる本当の原因はストレス?

たまに寝違えることありますよね・・・あれってちょっとした寝違えの法則があって知ってました?寝違えの自分でできる治し方と、寝違いが起こる原因についてまとめてみました!

更新日: 2019年09月06日

27 お気に入り 8253 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mime5620さん

寝違えている状態とは?

目覚めが悪いとはこのことなのか。
寝ている間はいいけど、起きていざ首を動かせる時に激痛が走ります。
一体全体寝違えとはどういう状態なのでしょうか?

寝違えとは、睡眠中に無理な姿勢を取ったり、無理な首の動かし方をすることで首の筋肉に負担がかかり、筋違えを起こして筋肉痛に似た痛みが生じる症状のことである。

なぜ寝違えが起こるのか正確な原因を特定することは難しいですが、一般的に考えられているのは「睡眠中に不自然な姿勢になったことにより、首の筋肉に負担が掛かり炎症が起きている」というものです。

一般的に「寝違え」と呼ばれる症状の多くは、首周辺の筋肉が軽度の肉離れを起こしている状態を指します。

とりあえず、寝違えて首が回らない時は首は動かさないことです!

首の寝違えは何日で治る?

突然やってきて猛烈に不自由を強いられる寝違え。
少しでも早く治って欲しいけど・・・。
実際は一週間くらいかかるもよう。

筋肉に炎症がある場合
炎症が筋膜に生じているとき:4日~1週間程度
筋肉の中心に生じているとき:3日~5日程度

起床時に痛くなり、数時間から数日で痛みが改善していくようなら、徐々に首を動かしていくことで治っていくのが一般的です。

痛くなくなると忘れるんですが、寝違えてる時ってかなり苦痛ですよね・・・

まずは寝違えの対処法

温めるのはNG。
お風呂も寝違えた時は長湯せず、とにかく痛い場所を触らない!
自分でマッサージや按摩器などで治そうとしないこと。

寝違えで痛む患部を直接冷やし、改善を試みます。いわゆる寝違え=ねんざ、という見解に対する処置方法です。

寝違えってそういわれれば首のねんざですよね・・・。

直接首に触らない

痛い所をどうにかしようと、触ってしまいがちですが返って痛みが長引いてしまいます。

痛みを我慢してストレッチするのは逆効果の場合があります。

首を寝違えてしまった時はできるだけ自分で行うマッサージやストレッチは避けたほうがよいでしょう。

首の寝違えには腋窩神経の圧迫解放が効果的

首そのものには触らずに、首の周りをストレッチする方法です。
★寝違えている方の腕を横に伸ばし、脇の後ろの筋肉を伸ばす。
そのまま寝違えている方の腰に掌を持っていく。
★腕を120度に、脇は90度を意識してそのまま腕を下す。

まず、椅子に座り脱力します。
痛む側の腕を少しずつ上げ、止まった場所で20秒固定
腕をゆっくり戻します、2セット行いましょう。
腰に手の平を当て、肘を後ろに引いて20秒固定
腕をゆっくり戻します、これも2セット行います。

寝違える原因とは・・・

枕が高すぎる、低すぎる。寝具が合ってない。などの何かのせいにしたい気持ち、わかります。
それもありますが、本当の原因は別にあります!

リラックスできない状態が続いている!

気が付かないうちにたまっているストレスが、蓄積されて体に出てきています。
体からのサインだと思ってストレス事態を軽減しなければ、いつまでたっても繰り返してしまいます!
まさしく負の連鎖!

精神的なストレスがかかると、気がつかないうちに体全体に力が入ってしまいます。もちろん、首や肩も含まれ、 筋肉が過度に緊張状態になってしまいます。

パソコン作業などで同じ姿勢を長時間続けると、筋肉の緊張が起こり、血行が悪くなり、筋肉の中に乳酸や炭酸ガスなどの疲労物質が溜まります。そして首や肩のこりが強くなって首が回らなくなることがあります。なで型や猫背の人は、首や肩にかかる負担が大きいため、首筋や肩がこりやすい傾向にあります。

蓄積した疲労・・・

緊張状態が続くと危険信号のひとつとして寝違える

1 2