1. まとめトップ

【閲覧注意】としまえんのヤバい都市伝説【ホラー】

としまえんという遊園地を知っていますか?お城の跡地に作られたこの場所では、数多くの都市伝説が語られています。嘘か本当かわからない、だからこそ怖い都市伝説。そんな都市伝説でまことしやかに囁かれている謎についてまとめました。

更新日: 2019年09月04日

2 お気に入り 12846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

としまえんとは?

としまえんとは、東京都練馬区にある遊園地である。かつては練馬城というお城があったが、廃城になった跡地にとしまえんを作った。

表記上はひらがなだが、運営会社は漢字表記の「株式会社 豊島園」。

東京都練馬区にある遊園地。1926年9月オープン。練馬城の跡地に立地。ジェットコースター、メリーゴーラウンドなどのアトラクションがあり、夏季には大型のレジャープールの営業がある。春は桜の名所として、花見客が多く訪れる。

「としまえん」には33種類のアトラクションがあります。人気遊園地にもかかわらず、イルミネーション期間中の夜間営業日に限って言えば、そのうち19種類が16時で営業運転を終了してしまいます。

16時で営業終了というのもなんだか変ですね。

きたりえ絶叫!としまえんの都市伝説がまさかの映画化  『映画 としまえん』予告編

とうとうホラー映画まで出ちゃいました

都内有数の規模を誇る老舗遊園地「としまえん」を舞台にしたホラー映画『映画 としまえん』が5月10日から全国公開されることが決定。

ネット上でウワサされる都市伝説「としまえんの呪い」を映画化し、元AKB48で女優の北原里英(27)が主演を務めると発表された。

としまえんの都市伝説

昔から語られている、としまえんの不思議な都市伝説について。

都市伝説の1つめの「お化け屋敷」です。本物の火の玉に追いかけられたという数多くの体験談があります。新聞にも取り上げられた時代もあり、本当の火の玉が出るという噂は、30年以上も前から続いています。

ちなみに屋敷内は、センサーで動き出す全自動の仕組みになっているので、スタッフは1人もいません。

目の前や背後に誰もいないのに、タイミングがズレて動き出したら、ご用心! ……目に見えない存在が周りでイタズラしているかもしれません。

豊島園のおばけ屋敷は、昔から本物が出ると有名だな。
友人が豊島園でバイトしてたらしいが、お化け屋敷だけバイトがみんな辞めていったみたい。

「としまえん」が開園した当時(1926年)の地名は、東京府北豊島郡上練馬村だったそうです。

当時の財界人で藤田好三郎氏が所有していた土地を、東京市民に「運動と園芸を広く奨励するため」に公開したのが始まりです。

かつて「豊島一族」が治めていた練馬城があり、豊島左近太夫景村の「居城跡」だったことから、「豊島園」と命名された経緯がありました。

ミラーハウスは名前の通り室内に足元以外は全面鏡でできた廊下を歩くアトラクションです。目の錯覚を利用した不思議な世界が広がっているため、中にいると方向感覚が狂ったりメンタルに来るものがあります。

実は1990年台に地元民だった私が実際に子供の頃に聞いた噂で「鏡の中から少女が睨みつけてくる」「ミラーハウスに閉じ込められ出れなくなる」

と言った話を実際に聞いたことがあります。確かにミラーハウスの中は薄暗く鏡が合せ鏡になっているため、鏡の奥に無限に同じ景色が続いていく光景を見ることができたり、鏡の中に半開きの扉があり、そこから誰か覗いているような演出がある通路があったと思います。他にも変な絵があったような?とにかく見方によってはちょっと不気味です。

今はミラーハウスはリニューアルして雰囲気が少し変わったようですが、現在でもネット上でミラーハウスで「少女の幽霊が睨んで追いかけてくる」「秘密の部屋があり入ると出られなくなる」といった都市伝説がまことしやかに囁かれています。

「従業員が犠牲になった殺人事件があった」「殺人のあった2Fの部屋に残る血が拭き取れない」「幽霊のようなモノを目撃した」などのウワサが流れて、奇妙なできごとも相次いだことから、アトラクションの継続が困難になってしまい、永久に封印されてしまった。

2階がずっと閉鎖されてるのは本物が出るから、みたいな話があった

豊島園はお化け屋敷より西洋お化け館だろ
多分場所がやびゃあだと思われる

としまえん内のアトラクション「オートスクーター」横にある古い洋館には都市伝説が存在する。

ここは古くはアトラクションとして使われていたが、あるときそこに勤めていた事務職員が惨殺される殺人事件が発生した。その後捜査が終了するとともに、洋館はアトラクションとして再び使用され始めた。

アトラクションとして復帰後、殺人現場となった部屋の血をふき取ることができなかったり、後任の事務職員が相次いで変死したり、客が建物内で幽霊のようなものを目撃したりなど、奇妙な出来事が相次ぐようになる。

このためアトラクションとしての継続使用を中止し、洋館は永久に封印されることになったという。

封印されたのち幾度も解体が計画されるが、そのたびに作業員の事故死などがおき、計画は頓挫している。そのため現在も入口に南京錠をかけたままという状態で、封印されながらも解体されず存在している。

1