1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

介護問題に大きな光明がココに…おむつ排泄検知に喜びの声があがっている!!

介護問題は今後の大きな問題になりそうです。特に排泄問題が厄介ですが、そんな中排泄検知機能があるおむつが開発されて話題になっています。今後、介護の技術がよくなる事になって、介護問題に光明が見えるかもしれませんね。皆さんはいかが思いますか?

更新日: 2019年09月05日

15 お気に入り 18077 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

介護問題で厄介なのが排泄問題だ

親の介護を誰が、どのように行うかをめぐって、問題やトラブルを抱えているご家庭もあるのではないでしょうか?

個々の家庭においても、在宅でケアするか、施設に入居させるかなど、一つ一つの決断を待ったなしで下していく必要があります。

家族の介護を始めるにあたり、多くの人にとって悩みの種になるのが「排泄介助」ではないでしょうか?

育児を経験している人にとって、おむつの着脱は手慣れたものかもしれませんが、赤ちゃんと大人では体の大きさも異なり、手順も当然異なります。

さらには長年一緒に暮らしてきた家族とはいえ、排泄物を目の当たりにするのは抵抗があるでしょう。

そんな中、次世代オムツセンサーが話題になっている

オムツテックは9月3日、被介護者のおむつに設置して排せつの有無を検知できるフィルム状の通信機「次世代オムツセンサー」を発表した。

次世代オムツセンサーは、電子回路が印刷されたオブラートに、小型のICチップを貼り付けた構造。

電子回路の印刷技術「プリンテッドエレクトロニクス」によって、オブラートの表面に銀インクで回路を印刷している。

今後様々な介護技術の発展ができそうだ!!

今、介護という言葉の意味が大きく変わろうとしています。

また、近年では「介護技術」という言葉が使われるようになり、介護はより具体的かつ専門的な意味を持つようになりました。

こうした便利な道具や介護技術の進歩により、かつては難しいと考えられていた事が簡単にこなせる時代になりつつあるのです。

厚生労働省と経済産業省はロボット技術の介護利用を推進しており、企業に対して開発支援を行っているのです。

「在宅介護にロボットが使われるなんて、ずっと未来のこと」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

様々な声が

実際にどの程度、施設の業務改善につながるのかの検証は開発側のモニター調査などの結果が出るまでは分からない。ただ、このように色々な方法を考えようということは正しいと思うし、取捨選択できるのは良い。 #次世代オムツセンサー news.yahoo.co.jp/pickup/6335409

1 2