1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

誰かに話したくなる♪

雨の日の退屈しのぎにおすすめの天気にまつわる雑学をお届け!

◾️ 虹が出る方向には決まりがある

虹は必ず「太陽がある方の反対側の空」に現れます。太陽の光が雨粒に差し込んで、その中で反射・屈折して現れるのが虹です。そのため太陽とは逆の方向に現れるのです。

ほかにも虹が見られる条件がいくつかあります。1つは雨が降った後の天気です。夕立やゲリラ豪雨のように急に雨が降って、急に止み、その後また晴れるというような天気の場合に虹は出やすくなります。

◾️ デートは雨の日に高層ビルのレストランで

心理学で言われる「吊り橋効果」は吊り橋の揺れでドキドキしているのを、隣に歩いている男性への恋心によるドキドキと取り違えるというものです。天気でも同じような「ドキドキの取り違え」が起きます。

低気圧になると交感神経が活発化するとされており、これにより心理的に「ドキドキ」を感じるのだそうです。

したがって気圧が低くなる雨の日に、さらに気圧が低くなる高層ビルのレストランでデートをすると、天気版吊り橋効果が期待できるというわけです。

◾️ 「一時雨」と「ときどき雨」どっちが降りやすい?

「〈時々〉は予報期間の半分未満、〈一時〉は4分の1未満の時間だけ雨が降る、ということです。つまり、〈時々〉のほうが長く降る。

例えば、東京で12時から18時まで〈雨〉の予報が出ているとすると、『時々』ならその6時間の間に降る雨の合計時間が半分の3時間未満

〈一時〉ならさらに半分の1.5時間未満という意味です。

ちなみに、『ところにより』と言う場合は、東京の半分未満の面積で雨が降るという意味です」

◾️ 気温の低い日にガソリンを入れるとお得

水が暖かいと膨張するように、ガソリンも膨張します。気温が大体7℃で膨張率が1%代わり、この差は燃料タンク50Lの自動車の場合、500mlの差が生まれる計算です。

つまり、寒い日にガソリンを入れた方が膨張していない分、多くのガソリンを入れることができるということです。

◾️ 雨の日の髪は重くなる!?

「折角セットした髪がぺちゃんこに……」「巻いた髪がキープできない……」などなど、雨の日は髪の悩みがつきものです。

これは、湿気によって髪が水分を吸い、重くなることが原因だと言われています。驚くことに、毛髪重量は湿気90%で約1割重くなるというデータもあります。

そのため湿度の高い雨の日は髪の毛が重くなっていることから、特に髪が細い人の場合は“ぺちゃんこ髪”に悩むこととなると考えられています。

◾️ 降水確率の0%は全く雨が降らないわけではない!?

勘違いしやすいのは雨量と降水確率との関連性についてです。100%とあると大雨が降るイメージがある人もいるかもしれませんが、それは違います。

1 2