人生ツライ…って人を勇気づける「トップランナーの挫折話」

各業界の第一線で活躍するトップランナーたちにも、苦しい挫折の経験がありました。南海キャンディーズ・山里亮太には、自分の準備不足で失態を犯してしまった過去が。また他者からの声に心が折れた渡辺謙や東出昌大の話や、自分の実力が足りずに悔しい思いをしたLiSAやHIKAKINらのエピソードをご紹介。

更新日: 2019年09月07日

71 お気に入り 89620 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

トラウマになるほどの大失敗

いまやMCとして引っ張りだこの山ちゃんですが、その陰には自分の準備不足が招いた苦い過去が。

天狗になっていたツケがやってきた…

「やる意味がない」と生意気に仕事を断り、周囲に迷惑をかけてしまった。

NYで味わったダメ出しの日々

役者駆け出しの頃の話ではなく2015年のこと。精神的な限界もきていたとか。

「君は必要じゃない」と宣告

「ネットの声」に心が折られた若手時代

映画『桐島、部活やめるってよ』のころにバッシングを受けていた。

一言のセリフが言えず、仕事を失った

「頂点だ!」と思った矢先に…

キッズダンサー時代は、ソロパートもあるほど優秀なダンサーだった。しかし、突然現れた他の子にあっさりとその座を奪われてしまう。

初の武道館で、声が出なくなった

アニメソングなどを多く担当する歌手のLiSA。目標としていた武道館公演を、体調不良のまま迎えてしまった。

YouTubeのコンテストで落選

YouTube NextUpコンテスト落選しました。残念な気持ちで一杯ですが、このコンテストを通じて得るものも沢山ありました。また、実力不足を痛感したので、地道に頑張ろうと思います。応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。そしてMegwinさん、あさひさんおめでとう!

当時のツイート。その後ひたすら動画づくりに打ち込んだ結果、いつの間にかYouTuberとして稼げるようになっていたという。

1