1. まとめトップ
  2. 雑学
29 お気に入り 37907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼現在では様々な種類が発売されているコーヒー

コーヒーの木の種子(いわゆるコーヒー豆)を焙煎し、砕いて、湯や水で抽出した飲み物。カフェイン飲料の代表格として世界中で人気の飲料。

家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。

最近は、コンビニなどのドリップコーヒーとかも安くて美味しい。

出典ネスカフェの「【1日3杯のネスカフェ】を楽しもう」って知ってる?コーヒーのポリフェノールと健康習慣の話で日本人は足りてないって!

しかしそんなコーヒーも以前は・・・

「コーヒーは体に悪い」という説は、1960年代以降にがん患者が増えてきた頃から言われ始め、悪者のように扱われていた時期がありました。

焼け焦げた食品が喉頭がんや膀胱がん、肺がんなどを引き起こすのではないか、と考えられていたのです。

▼しかし近年は健康に良いと言われており

健康食品として注目を集めるコーヒーの成分の中で、覚醒・興奮作用のある「カフェイン」よりも多く含まれているのが「ポリフェノール」です。

活性酸素は、体内で必要以上に生成されてしまうと、その酸化・殺菌力によって正常な細胞を傷つけてしまい、様々な病気の要因となるからです。

▼ポリフェノールと言えば・・・

ポリフェノールと聞いて想起される飲料・食品のトップはワインで全体の66.6%、次いでチョコレートの55.8%で、コーヒーは、ぶどう、ブルーベリー、大豆食品に次ぐ6位で9.9%だった。

実は・・・

緑茶や紅茶に比べればほぼ2倍、ココアとの比較では3倍以上と、抗酸化作用のあるポリフェノールを手軽に摂取できるのが、コーヒーの秘めた特長です。

1日1,000~1,500mgのポリフェノールが摂取の目安となっているが

日本人のポリフェノール摂取量は、目安といわれる量よりも少ない。

▼そして1日3回の摂取が推奨されている理由は

コーヒーのポリフェノール(クロロゲン酸類など)は、コーヒーを飲んでから30分後から1時間後に吸収がはじまるそうです。

出典ネスカフェの「【1日3杯のネスカフェ】を楽しもう」って知ってる?コーヒーのポリフェノールと健康習慣の話で日本人は足りてないって!

摂取してから3~4時間ほどしか持続効果がないこと。

水分補給にもなるコーヒーを毎日の生活リズムに合わせて小まめに継続的に飲むことは、ポリフェノールの賢い摂り方という点でもプラスです。

1 2