1. まとめトップ
  2. レシピ

木綿と絹の使い分けは?カロリーは?意外と知らない「豆腐の雑学」

使い分けしたり、調理法を知っておくと豆腐がもっと好きになるかも!

更新日: 2019年09月06日

31 お気に入り 29270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼ヘルシーで手軽に食べられる「豆腐」

さまざまな食材とも相性がいいので、使い勝手が抜群の優等生食材

▼豆腐には、木綿と絹の2種類があります

絹ごしのなめらかな食感もいいし、木綿のどっしり感も捨てがたい

▼この2つ…作り方や特徴はどう違うの?

木綿豆腐の場合、布を敷いた豆腐の型箱に出来上がった豆腐液を流し込み、押し蓋をのせて、その上に重石を置きます。これにより水分を切ることができ大豆の旨味がぎゅっと凝縮された豆腐になっていく

製造する過程で水分を絞ることで栄養分が圧縮されるため、たんぱく質や鉄分・カルシウムが絹に比べて2〜3割多くなっています

木綿より濃い豆乳を使い、型に入れたらにがり等でそのまま固めます。水切りをしないため、水分を多く含んだなめらかな豆腐になる

きぬ豆腐のような柔らかい豆腐が生まれたのは、江戸時代の中期と言われます。そのために、製造法の工夫もされてきました

▼人気なのは、圧倒的に絹豆腐

▼カロリーが低いのはどちらか知ってる?

種類が豊富な豆腐は一般的な木綿豆腐や絹豆腐でもカロリーはことなりますし、調理の仕方でもカロリーが変わってきます

食べた時の滑らかな食感が特徴的な絹ごし豆腐は1丁で約150キロカロリー、木綿豆腐の場合は1丁で約200キロカロリーとなっています

豆腐を食べれば痩せるんじゃね?と思ったけど…一丁で結構なカロリーあるんだね。

1 2